言語化する力を育てる方法

以前、家庭教師の先生がおっしゃっていたのですが、
勉強を進めていくには「言語化」の技術があることも大切だそうです。

授業で聞いたことやテレビで観たこと、
雑誌で読んだことなど、様々な情報を誰かに説明するときにうまく伝えられずに相手が困惑したり、
自分でももどかしくなったことはありませんか?

「自分では理解しているつもりでも、
うまく言葉で言い表せない場合には本当はわかっていないのかもしれない」と先生に言われ、
確かに説明が下手なので言語化する能力が低いのかもしれないと思うようになりました。

勉強でも同じで、教えてもらったときに理解をしていても、
いざ自分で問題を解くときにできなかったり、
友人に教える際にうまくできなかったりすれば、
本当に理解しているとは言えないようです。

なので、言語化する能力をつけるためにも習慣を身につけることが大切となり、
家でのトレーニングが大切であると先生に言われました。

まずは「日記」です。

ニュースを観て感じたことや授業内容などを自分の言葉で表現し、
書きとめていくことで言語化の能力を育てることができます。

最初は難しくて文章が変になってしまうこともありますが、
続けていくうちに言葉が出やすくなったり、
誰が読んでもわかりやすい内容になっていきます。

日記であれば自分しか見ないので文章が変になってしまっても安心でしょう。

日記に自信が出てきたら、
ブログを活用するのも良い方法です。

誰かが見ることで正確に内容を伝えられるよう意識しながら文章を書くことができます。

言語化の能力が少ないうちは、
難しいこともたくさんあるでしょう。

ですが、言語化する能力がアップすることで授業の理解度もアップしていくので、
言語化する能力が欠けていると感じたら、
上記の方法で改善できるよう対策を取ることを考えてみてはいかがでしょうか?

子どもに合わない家庭教師を選ぶべき

家庭教師を選ぶ時には、その人の学歴や教育における実績、
人柄などを見ることが多いのではないでしょうか?

また、子どもに合うかどうかも重視するポイントになるでしょう。

子どもに合う先生を選ぶことで、子ども自身のモチベーションにもつながります。

ただ、中には合わない先生を選んだ方が良い場合もあるのです。

子どもに合わない家庭教師というのは、
基準が難しいように感じてしまいます。

しかしだからと言って、子どもに合う家庭教師を選んでいたら、
これまでと変わらないのです。

子どもと合うという条件を付けることで、
家庭教師もその子のリズムに合わせてくれます。

そうすると家庭教師は子どもに対して優しく接するようになり、
今までと何も変わらない生活になってしまうのです。

そもそも家庭教師をお願いするきっかけや目的は、
成績アップにつなげたい家庭や、
子どもの勉強嫌いを克服したい家庭など様々です。

子どもの勉強嫌いを克服するためには、
特に先生が子どもに合わせてしまっては意味がありません。

子どもとは反対の性格や、
全く違う考え方の先生を選ぶことで、
より確実に成長するのです。

もちろん子どもは苦痛に感じ、
自分のリズムを崩されることを嫌うでしょう。

いくら合わない家庭教師が良いと言っても、
的確なアドバイスや子どもの話を聞いて同情してあげられるような先生を選ぶようにしましょう。

家庭教師を選ぶ際には、子どもに合う先生を選ぶことも大切ですが、
あえて合わない先生を選んで刺激を受けさせることも1つの方法なのです。

オンライン家庭教師?

オンライン家庭教師、もしくはインターネット家庭教師というサービスがあります。

普通の家庭教師と違うのは、家庭教師が直接家にきて指導するか、
インターネット回線とTV通話を通して指導をするかの違いです。

オンライン家庭教師にはどのようなメリット・デメリットがあるのか確認しましょう。

・メリット

まずネットを通じての指導なので、ネット通信環境があり、
パソコンもしくはタブレットを置くスペースさえあればどこでも指導を受けられます。

また交通費や移動時間などの心配もしなくていいので、
時間の融通が効きやすいという面もあるでしょう。

そして家庭教師とはいえ、来客でもあるので気負ってしまう人は、
オンライン家庭教師の方が気楽で良いという場合もあります。

料金についてはまちまちですが、
交通費がない分価格が安い場合も中にはあるようです。

・デメリット

普通の家庭教師や、個室などでの個別指導塾などでも同じことですが、
競争心から成績を伸ばす子にはあまり向かないと言えます。

また他にもネット環境が悪い場合は通信がプツプツと切れて気が散ってしまうかもしれません。

家庭教師の話もよく聞こえないなどの場合は、指導に集中できなくなるので、
事前にネット環境を整えるなど対策した方が良いかもしれません。

オンライン家庭教師ではこのようなメリット・デメリットを持っています。

個人、企業ともに充実しているので、
ぜひ比べてみて子供に合ったサービスを探してみましょう。

より効率の良い勉強法とは

1月に入りました。
いよいよセンター試験、中学受験も直前まで迫っています。

この受験直前の受験生は、焦りと不安が入り混じり、空回りしてしまうことも少なくありません。

その一方で、家庭教師の授業による学習ができていることで、そういった空回りを防ぐことができます。

より効率の良い勉強法を見つけるためにも、
普段から一緒に学んできた授業を生かし、自分の学習を崩さず進めることができるのです。

本番直前で注意したいのが、新しいものに手を出さないようにすることです。

短期間で新しい知識を身につけるのは決して簡単なことではありません。

これまでの参考書や過去問、ノートなどを見返し、
試験直前にも使用できるようなものは受験生はほぼ全員作っていることでしょう。

また、直前に使用できる対策ノートを作っておくというのもポイントです。

受験本番では、待機時間が多少あります。
こうした時間もしっかりと活用し、頭の中を整理しておくことも大切です。

家庭教師との授業では、マンツーマンというメリットを生かし、
ちょっとした疑問や不明点も解消しやすいことが挙げられます。

だからこそ、根本から問題を理解し、確実に解答するための準備がしやすいと言えます。

自信を持って本番を迎えるには、これまで蓄積してきた知識を振り返り、過去問で対策しておかなければなりません。

実際、受験の直前でできることは限られています。
だからこそ、いかに自分らしい勉強ができるかが非常に重要になるのだと思うのです。

慣れるまでのトレーニングが大切

公立中高一貫校は1999年にスタートしているので新しい教育になります。

今では全国でも増加傾向にありますが、
費用を抑えながらも独自のカリキュラムによって教育していくので、
進学実績も高く人気です。

なので、地域によっては高い倍率となり受験対策が必須となっています。

そんな公立中高一貫校の試験内容についておさらいしてみましょう。

「適性検査」と呼ばれる検査が実施されるので、
国語や社会、理科などの科目に分かれた試験はしていません。

そのため、「受検」と呼ばれることもあるようです。

適性検査は、複数の強化を織り交ぜた形式となっており、
読み解く力や考える力を判断することができるのです。

そのほかにも、問題解決力や作文・表現力も判断され、
うちの子のように家庭教師を依頼する際には、
適性検査に慣れるよう工夫をしてもらっています。

実際には、どんな問題が出るのか確認してみると、
静岡県の公立中間一貫校では静岡のみかんの月別出荷量などをグラフに表し、
「静岡県が青島温州を主力品種としている理由を、資料1と資料2から読み取り書きなさい。」
という図から解析できる問題や身近なテーマを問題を出しています。

問題によっては回答で文字数の制限が指定されることもあり、
そのような問題に対してはトレーニングが必要です。

うちの子も最初は制限された字数を超えてしまったり、
うまく説明できなかったりと苦労をしていましたが、
先生の熱心な指導によって今ではスラスラと問題が解けるようにはなりました。

受験まではあと少しですが、
気を抜かずに私に出された宿題もこなしながら一緒に頑張っていこうと思います。

短期集中で志望校対策!

12月になりましたね。

受験シーズンです。
センター試験も来月に迫り、中学受験も始まります。

受験間近ということで、短期間のみ指導してくれる家庭教師を考えている方もいるのではないでしょうか。

家庭教師は塾よりも高額になります。
ただ、家庭教師は一人ひとりに合った方法で、個別のカリキュラムを用いて指導してくれるので、効率の良い指導ができるのです。

今の時期、じっくり指導を受けていたのでは間に合わないという場合も多いでしょう。

家庭教師なら短期集中も可能なのです。

もちろん、良い講師をみつけることが重要です。

せっかくの指導も、講師の質によって差ができるのです。

さて、今回は、麻布個人指導会の「冬休み・直前志望校対策コース」をご紹介します。

麻布個人指導会は中学受験専門の家庭教師派遣の会社ですが、
受験前のこの時期に、入試に特化した指導を行ってくれるということです。

これからの時期には徹底した志望校対策が必要です。

麻布個人指導会では、中学受験を知り尽くした専門家庭教師が入試当日の点数を合格点まで引き上げる指導を行っているそうです。

中学受験では志望校対策が重要ですが、
志望校対策といっても時期によってももちろん個人によっても異なるのです。

麻布個人指導会は、指導校対策、弱点科目・弱点単元の補強など、受講生一人ひとりの目的に合わせた指導を行っているそうです。

個別指導なので、希望の日時、回数、科目で指導を組むことができ、今の時期は入会金不要となっているそうです。

苦手科目対策こそ家庭教師にお任せ!

今回は、家庭教師派遣を行っている「チューターズ・ユナイテッド」をご紹介します。

短期の家庭教師派遣も可能で、今の時期ならセンター試験の苦手科目対策なども可能です。

センター試験は重要とわかっていても、2次対策に追われて苦手対策ができていないという人は多いのではないでしょうか。

例えば理系の人の場合、センター試験で国語対策や社会の対策ができていないということもあるのではないでしょうか。

家庭教師は塾を利用するより高額になるのは否めません。
そのため、短期で苦手科目対策などに利用するのがおススメです。

国語はセンター試験の中でも対策が難しいと言われていますが、
チューターズ・ユナイテッドの家庭教師は、生徒が手を付けていない割合が高く、一番得点の取りやすい漢文から攻略するそうです。

そして次に点の取りやすい古文、最後に一番点の取りにくい現代文のように攻略していくということです。

とにかく、今からは点数を取ることを第一に考えなければならないのです。

チューターズ・ユナイテッドは、とにかく得点を伸ばすための実践的なアプローチを行うということですが、どれくらい点数を伸ばすことが可能なのでしょうか。

英語(筆記 200点満点)で「3時間授業×10回」の特訓を受けた場合を例に取っての期待値は、
現在の点数が100点未満の場合「+50点以上」、100~120点の場合「+40点以上」、121~150「+30点以上」、151~170「+20点以上」となっています。

全ての科目において、専門の講師に対応してもらえるそうです。

家庭教師だからできた!

家庭教師はどういった時に必要と考えますか?

私は中学1年の時にケガで入院し、
1学期間はほぼ学校に行けませんでした。

そのことで、かなり成績が下がったのですが、
問題は成績が下がったことよりも、
学校に行きはじめてからの授業が理解できなくなったことです。

学校は休んだ子供のサポートはしてくれません。
両親はわりと教育熱心でしたが、
中学生の子供に対して全ての科目を指導するということは不可能でした。

そこで、母が仕事先で家庭教師を探して来てくれました。

今思えば、家庭教師の面接なんてなかったし、
母がお願いして、先生が了承してくれたので、それで決定です。

家庭教師を仕事にしている人ではなく、
サラリーマンだと思いますが、高学歴だったし、
英語が使える人だったということで、
母に選ばれたのでしょう。

どういう風な授業だったかはよく覚えていませんが、
その先生に家庭教師をしてもらうようになって、
成績が上がったことは確かです。

教材は薄い問題集を使っていました。

今思えば、薄い問題集だったので、
1冊がすぐに終わり達成感があったので、
やる気が出たのではないかと思っています。

そして、公立中学に通っていたので、
そんなに難しい授業をやっていたわけではないでしょうから、
すぐに取り戻すことができたのです。

成績が悪くても授業内容がわかるのならともかく、
授業がわからない、授業について行けないなら、
家庭教師の指導が良いのではないかと思います。

わからないまま積み上げて行くのは、
もしその時うまくいったとしても後々困ることになるのではないでしょうか。

家庭教師のサクシードの中学受験コース

最近中学受験のために家庭教師を利用する人が多いようです。

特に、大手進学塾+家庭教師という場合が多いそうです。

中学受験専門の大手進学塾は、集団指導ではありますが、
授業料やテスト費用、様々な費用が必要です。

それなのに家庭教師も頼むなんて、どうしてなのでしょう。
どちらか一方にできないのでしょうか。

「家庭教師のサクシード」の「中学受験コース」についてみましょう。
このコースは、志望校合格率9割以上で、
幅広いレベルの志望校に対応しているそうです。

志望校に応じた試験問題の傾向と対策を行い、合格力を身につけるということですが、進学塾別対応コースは、塾での学習が効率的なものになるように、
家庭学習の質を上げる指導を行っているそうです。
家庭教師によるマンツーマン指導なので、
塾にもピッタリ、生徒にもピッタリ、志望校にもピッタリの指導ができるのです。

進学塾対応コースは、「サピックス」「四谷大塚」「日能研」「早稲田アカデミー」「浜学園」「能開センター」「馬渕教室」「成基学園」「第一ゼミナール」「進学館」「京進」「希学園」など様々な進学塾に対応しています。

科目ごとに進学塾の授業のフォローを行い、
テストの対策や家庭学習のサポートも行っているそうです。

中学受験コースには進学塾対応コースのほかに、
オーダーメイド志望校対策コースや習い事しながら受験コースもあります。

オーダーメイド志望校対策コースは、既に志望校が決まっていて、
志望校のみに的を絞って対策を進めて行くコースです。

家庭教師NSG PLATS

今回は、「家庭教師NSG PLATS」についてお話しします。

「NSG PLATS」の家庭教師は生徒が希望する指導内容に合わせて、
専用プリントや学校の教材で指導を行っているそうです。

家庭教師の指導の場合、どんな教材を使うのかという事が問題になります。

家庭教師はマンツーマンの個別指導ですから、
一人ひとりに合った教材で指導すれば良いのですが、
だからといって、高額な教材を購入しなければならないような事になると困りますよね。

ただ、「学校の教科書でうまく指導ができるのか?」という問題もあります。

「NSG PLATS」の家庭教師は、どんな教材でも生徒に合わせた指導が可能だという事です。

普段の指導では学校の教科書などを使いますが、
定期テスト前は「対策プリント」等で対策を行っているそうです。

また、指導に関しては、通常授業だけではなく、テスト対策・入試直前対策として、「追加授業」が受講でき、春・夏・冬の長期休暇を利用した3回または4回コースの「講習」も受講可能という事です。

さて、「NSG PLATS」では、派遣センターのサポートも充実しています。
無料の振替授業や特別追加授業なども実施している他、
「入塾コーチング」も実施しています。

入塾コーチングというのは、入塾間もない約1ヶ月を集中コーチング期間とし、
講師との相性や学習理解の度合い、宿題の量はちょうど良いかなど、
学習面、精神面、生活習慣も踏まえたアドバイスを行うという事です。

家庭教師だけではなかなか難しいサポートも、
教室がある事で可能になっているのです。