家庭教師の先生の見解

いつもは、家庭教師の勉強が始まる前に、3人でお茶をする時間ですが、息子が遠くのお友達の家に遊びに行っているので、しばらく家庭教師の麗子先生と二人だけで話をする機会が出来ました。
そこで、最近の息子の様子(特に読書をするようになったことなど)を話すことに・・・。

「読書したいとういう気持ちが出てくることは、良いことですよ!!
読書は、すべての勉強の基本になります。
国語は勿論、算数や社会、理科だって、基本となる理解する力がつかないと、実力は伸びませんからね。
それに、大樹クン(息子のこと)は最初のころに比べると、随分と集中力がついてきていますよ」

o(TヘTo) お世辞でもうれしいです・・・・。

そんな話をしていると、息子が肩で息をしながら帰ってくるのが見えます。
家庭教師の先生に褒めてもらった直後だからか、息子が輝いて見える。。。。

親バカですね。

それにしても、最近の息子は確かに集中力がついてきているように思いますね。
休日父親と釣りに行っても、嫌がらずにつれない釣竿を持っているし、イベント会場でも、恥ずかしいほどの暴れっぷりが今ではありません。
年齢的なこともあるのでしょうけれど、私は絶対家庭教師をお願いしてからだと思うのです。

自分に自信が持てるようになってきているのではないかなと思うのですが。
今度通知表を貰いに行く時には、
『落ち着きがありません』
なんて書かれていないかもしれませんね。
もしかして、中学受験も狙えるか!?
( ̄ー ̄)ニヤリ

飛躍しすぎです(; ̄ー ̄川