st.バレンタインデー 家庭教師の先生に感謝

今年のバレンタインデーは、土曜日ということもあって、残念ながらダンナ様は会社の女性の皆様からチョコレートをもらえなかったようで、ちょっと寂しそうですが、こちらとしてはお返しを考えなくても良い分、ちょと家計が助かります。
O(≧▽≦)O

その代わり、子供が家庭教師の先生から、バレンタインデーのチョコレートクッキーをいただいたのです!!
土曜日だというのに、ご主人が休日出勤ということで、ご主人の分を作るのとついでだからと、チョコレートクッキーをわざわざもて来てくださりました。
息子もまんざらではないらしく、にやけています。
ああ、こりゃあ、息子の初恋の相手は家庭教師の麗子先生に決定だな。

才色兼備な女性が初恋の相手になってくれてうれしいです。

麗子先生は、息子が家庭教師をお願いしてから、勉強を頑張っていることがうれしいから、それに対する感謝の気持ちだとおっしゃっていますが、こっちが感謝したいくらいなのに、ホント頭が下がります。
子供の勉強嫌いには私たち親はホトホト手を焼いていましたし、家庭教師をお願いしてこんなに子供が短期間で授業態度がよくなるとは創造もしませんでした。

以前塾講師をしていた経験のある同級生に話をしたところ、「勉強する気のない生徒に教えることは、中学受験を目指すような高レベルの勉強を教えることよりもはるかに難しい」と言っていました。
そんな難しいことをしてもらっているとは露ほども知らず、麗子先生が家庭教師になってくれてホント良かったですね。
ホワイトでーには、3倍返しですね。