新学年の教科書

新学期になり、担任の先生も若い先生から、ベテランの先生に代わりました。
息子は少しさびしそうですが、親としては、ホッとしています。

挨拶のときには、「落ち着きのない子なのですが、よろしくお願いします」と先に言っておきました。
後日先生から「〇〇君は落ち着きがないですね」って言われるよりはずっといいですから。

さて、息子もついに小学5年生になりましたよ。
教科書もぐんと分厚くなってきて・・・・
ってそうそう、今年からゆとり教育を撤廃していく傾向にあるらしいので、よけいにそう感じるのかもしれませんね。

確かに私たちの時代は、こんなに教科書も楽しそうなものじゃなくって、カラーも少なかったし、それだけでもありがたいって思ってほしいものです。
息子たちも友達とうちで遊んだ時にそのようなことこぼしていましたね。
「教科書分厚くねえ?」って
子供のくせにいっちょ前のこと言って・・・って、蔭で笑っていましたね。

1年前であれば、私もこんなに習うことたくさんあって大丈夫かな?って心配するところですが、今は家庭教師の先生がついていてくれているから安心です。
もう、家庭教師の先生におんぶに抱っこで申し訳ないと思いながらも、息子がここまで授業で集中するようになったことを思うと、もう家庭教師の先生に頼るっきゃないですよね。

新しい学年になってからの教科書を家庭教師の先生に見せて、
「これ、全部勉強するの?」
と心配する息子に
「1年かけてやるんだから大丈夫、じっくりやろうね」
と声をかけてくれる麗子先生。
今年も一年宜しくお願いしますと心の中でいいました。