家庭教師は勉強方法にアンテナを張り巡らせている

週末にあった運動会も無事に終わることができ、昨日は家族全員でぐったり朝9時過ぎまで寝ていたのですが、運動会当日は、家庭教師の先生も応援に駆けつけて下さり、子供も張り切ってくれました。

家庭教師の先生でここまで親しくしてくださる方って、そうそういないとは思います。
麗子先生に家庭教師をお願いしていて良かったL(@^▽^@)」

今朝、テレビを見ていると、某有名私立小学校の校長先生が考案した国語辞典に付箋を貼って活用する方法が紹介されていましたが、これ、実はすでに麗子先生から指導されてうちでも取り入れていました。

すごい!!麗子先生メディアよりも先を行っている!!
私自身も両親が勉強を教えるのが苦手(説明すること自体面倒だったのかも)ということで、分からない言葉があれば、すぐに「辞書で調べなさい」って言われて育ってきてたから、辞書で調べることは好きだったのですが、そのことが反面教師になってしまい、「子供が質問してくることは何でも教えられるようになっていよう」と、子供にはあまり辞書で調べることをさせていませんでした。

しかし、家庭教師の先生から、「自分で疑問に思ったことを、自分で解決していくことって、大切ですよ。それに、自分で調べた方が人に聞くよりも忘れないから」と言われ、小学生向けの国語辞典を購入して、付箋を貼っています。
うちの場合、まだまだ付箋が貼ってある量は微々たるものですが、小学校を卒業する頃には、今朝のテレビのようにこんもりとした辞書になっていることを期待します。

それにしても、家庭教師の先生は、つねに学習方法に関してアンテナを張り巡らせているものなのですね。
感心しました。

私も中学入試に対してアンテナを張り巡らせようということで、昨日こんな本をアマゾンで注文してみました。
なぜ、ウチの子だけ合格するのか?