坂本ちゃんが家庭教師に

さて、前述のけいこ先生に大学受験対策に家庭教師をしてもらっていた坂本ちゃん。

今度は自身が沢山の単語などを覚えてきたことを生かして、韓国の自動車運転免許をなかなか取得できないおばちゃんのために、泊まり込みで家庭教師としていく側になるテレビ番組がありました。

偏差値がかなり低かった坂本ちゃんがこれまで利用してきた暗記法をおばちゃんに伝授すべく、さまざまな紙にハングル文字で自動車運転免許取得のために必要な知識を書き込む坂本ちゃん。

この人は、本当におばちゃんに合格してほしいんだなと感じました。
ケイコ先生の様な家庭教師の先生もいいけど、坂本ちゃんの様な熱心な家庭教師の先生もいいですよね。

では、おばちゃんの試験の結果はというと、残念ながら、不合格でした。
しかも、かなり伸びない点数での。

韓国での自動車運転免許の試験方法は、タッチパネル方式。
記述式やマークシートと違って、このように画面を見て答えることは、私達が想像するよりも難しいことなのかもしれません。
私自身、社会人の時は、PCの画面ではよく見間違えをするので、請求書の作成の時は、印字して確認を撮ったものです。
意外に見落としていることが多かったです。

だから、中高年であるおばちゃんは、本来の実力が十二分発揮できていなかったのではないでしょうか。
これからも合格するまで試験を受けるというおばちゃん、坂本ちゃんも、今度はじっくり教えてあげたいと言っていたように、もっと時間をかけて家庭教師をしてあげることが出来たら、きっと合格できると思うんだけど、それは大人の都合で無理なんでしょうね。