家庭教師の必要性を子供に納得してもらう

ゆとり教育の影響について驚きの事実をまたもや知ってしまいました。

ゆとり教育は、体育にも影響しており、今、泳げない子供が急増中なのだとか。
私の小学生のころだって、学校の先生がそれほど熱心に水泳を教えてくれるわけでもなく、泳げない生徒を泳げるように特別指導してくれるなんてことはなかったけど、水に顔をつけるところから始まり、バタ足できるように努力していたような気がするわ。

だって、小学校の先生は中学の先生たちと違って、専門の教科だけを教えるというわけではないし、オールマイティーに教えないといけない。
だから、泳げない生徒を激的に泳げるようにできるなんてことはできないけど、それでも学校の授業で水泳ってとっても大切な授業なのではないでしょうか。

何故?
それは、万が一水難事故に遭ったとき、泳げるのとそうでないのとでは明らかに生命にかかわってくるから。
また、洋服を着ていても泳げるようにすること、今は授業でも取り入れている学校があるのだとか。

こういう生命の危機に関連する授業は、現在大変重要になってくるから、授業を延長してでも教えてあげるべきなのではないでしょうか。
でなかったら、それこそ水泳という家庭教師が存在していてもいいと思います。

勉強をするとき、塾や家庭教師はなぜ必要なのか。
そのことをこ子供にしっかり納得させ、理解してもらえた時、家庭教師の成果が本当に発揮されるんじゃないかってこの記事を見てふと思いました。