家庭教師の体調

最近家庭教師の先生の顔色がさえないなと思っていたら、どうやらご懐妊のようです。
おめでたいL(@^▽^@)」

それなのに、無理して子供の家庭教師をしてくれていただなんて・・・・。
申し訳ないし、同じ女として気付かなかった私が恥ずかしい・・・。

ということで、家庭教師の先生の体調を見ながらとなりそうです。
体調が悪ければ、お休みと言う形で。

その代り、息子には先生がお休みの日でも、いつもどおり勉強するようにと言ってあります。
少々理不尽な顔をしていますが、子供を妊娠するということは、どれだけ大変かと言うことをマじかに見ることが出来て良かったんじゃないかな。
命についての勉強になっていると思います。

我が家に家族がもう一人増える可能性は極めて低いので、私に代わって、麗子先生からそういったことを学んでいってほしいな。
つわりは人それぞれ。
私なんかはかなり軽い方で、妊娠期間中逆らうことができない異常な眠気と常に何か食べていないと気持ち悪くなるといういわゆる食べ悪阻くらいだったでしょうか。

おかげで体重制限かかったくらい。
それに対し友人は、妊娠初期で6キロ体重落としていたっけ。

人それぞれですね。
それは子供の勉強能力も同じこと。
簡単な説明ですぐに飲み込んでしまう子、うちの子供のように、親切丁寧に解説してあげないと理解できない子、イロイロです。
その千差万別の子供たちの能力にあった学習指導が行えるのが家庭教師ですよね。

体調が早く安定するといいな。