家庭教師の技量

最近体調が安定してきて、再び、家庭教師に毎週来てもらえるようになってきました。

麗子先生がお休みになっているときに感じたこと。
やっぱり親子の中で勉強を教えることって非常に難しい。
これが私と姪や甥といった関係なら、もっとスムーズにいくのだろうけど、わが子だと思うと、それだけで、おこりやすくなってしまうのです。
冷静に見てあげることができないってことなんでしょうね。

それに、家庭教師の先生は何と言っても、何人もの生徒を見ているから、その子が何を苦手としているのか、どのように指導していくのがいいかといった知識を身につけている。
だから、上手に指導してもらえるんですよね。

同じ指導するということなら、塾の講師の方だって同じではないかって思いますけど、確かに塾の講師の方だって、指導する知識は豊富です。
しかしその知識を自分の子供のためだけに生かしてくれるわけではなく、同時に複数人の生徒を見ていかなくてはいけないから、ちょっと違ってくる。

うちの子は、塾で失敗して、家庭教師という今の形を選んで、やっと学校の授業についていけるようになってきたのだし、また、勉強することも楽しいと思えるようになってきている。
これは、家庭教師というマンツーマンの形でなかったら、出来なかったことでしょうね。

また、ある意味お手上げ状態だったうちの子。
その子が、ここまでになったのは、やはり家庭教師の先生である、麗子先生の技量も大きく関係しているのでしょうね。

家庭教師の先生と子供との相性には、先生の技量も大きく関係していると思いますよ。