マンツーマンの素晴らしさ

家庭教室や個別指導ってやはり良いですよね。

オリンピックを見ていても、やはり優秀な選手にはマンツーマンの指導者がつくことを考えると、それだけ価値のあるものなのだって感じます。

質のいい指導者なら、複数人に指導していても、影響力は絶大だと思いますが、さらにマンツーマンと言う環境は、指導を受ける側にとっても、「今、わたしはこの指導者を独占して指導してもらっている」という意識がよりスペシャルな感じになり、集中できると思います。
また、マンツーマンでの指導は、講師と生徒の間の信頼関係も非常に築きやすくなっています。

と言うことは、恩着せがましいということではなく、子供に家庭教師からマンツーマンで指導を受けている環境について、どれだけ素晴らしい環境なのかということをしっかり教え込む必要があると思います。

金銭的なことで、「家庭教師にお金がどれほどかかっていると思うの!」と言うのではなく、「家庭教師と言う指導は、勉強を教えてもらうスタイルの中で、究極のものである」と言うことを、子供に分かりやすく教えてあげる必要があるのです。

だから、家庭教師の先生が来る日は、勉強に集中してもらいたい。
内容の濃い指導を受けてもらいたいと思いませんか?

だったら、家庭教師をお願いしていて、子供がもしも、その環境において、不平を言うようであれば、一度言ってみる必要はあると思いますよ。

マンツーマンで指導してもらえるほど贅沢な指導方法はないですからね。
もちろん金銭的なものではありませんよ。