家庭教師はなぜ必要なのか?

子供の学年ともなると、中学受験を考え、本格的に受験対策を始めている学友がちらほら出始めています。

私の住むエリアは、比較的のどかな場所で、中学受験を考える生徒は、全体の3分の1にも満たないかもしれませんね。

私立の学校には私立の学校の、公立の学校には、公立の学校の良さというものがあり、どちらがいいとか悪いとか言うのはあまり好きではありません。

ただ、最近のゆとり教育の撤廃など、政府の言葉一つで、公立の学校というのは、これほどにも左右されるものなのかということを感じ、そういったことに左右されない私立の方がいいのかなって思ったりもします。

幸い、我が家では本来の目的は異なるものの、家庭教師に学習指導をお願いしているので、基礎学力はしっかりついてきているものと思われます。

気がつけば、成績が家庭教師の先生にお願いしていたおかげでクラスでも、かなり上の方にきています。
勉強することの楽しさも分かってきているので、中学受験をするかしないかの検討を本格的にしないといけないかなって思っています。

家庭教師の先生にお願いしていなければ、私立に進学することなんて、学力的なことを考えると、微塵も考えはしなかったでしょうが、学力が上がると言うことは、選択の自由が増えると言うことですね。

何故勉強を頑張らなくてはいけないのか?
子供からそんなことを聞かれたらどうしようって思っていたかれど、選択肢を増やすためなのかなって最近思うようになりました。