家庭教師のいる夏休み

今年も早いもので、気がつけばもう7月です。
一年のうちの半分が経過してしまっているわけですよ!!

そしてあの長い長い夏休みがやってくるわけで、毎日のように子供が
「お母さん、朝ごはん何?」
「お母さん、10時のおやつは何?」
「お母さん、おひるごはんまだ?」
「お母さん、夜ごはん何にするの?」

ああ・・・・子供が毎日家にいることがどんどんつらくなっていき、想像するだけでも、気が遠くなっていってしまいそうです・・・

でも、それも家庭教師の先生に子供の勉強を見てもらうようになってからは、夏休みの宿題や、1学期の復習.2学期の勉強の予習などしなくても良くなったのだから、ましというものです。

夏休みになると子供の「お母さん」と呼ぶ声がどんなにか恐怖だったことか。
そのことを思い出すと、今は断然楽ですね。
毎日三食の食事のメニューなんて楽勝です!!
嘘です・・・

でも、夏休みの計画を立てて、計画通りに勉強させたり、毎朝10時までは家でおとなしく勉強させるなりさせていることが非常に難しかったのですが、去年の夏休みなんて、勉強に関してそれほど口うるさく言った覚えはありませんし、やはり家庭教師効果出ていると思いますよ。

何と言っても、家庭教師の先生が週に一回チェックをするということで、子供が計画通りにしっかり勧めてくれたって言うのが驚きですね。
分からないところを、家庭教師の先生に教えてもらわないといけない!っていう思いから、自発的に宿題はこなしていましたね。

今年は家庭教師の先生が違うけど、去年同様の夏休みを送ることが出来たら嬉しいな。
そして私は、飯炊きおばばに専念します。