家庭教師から子育てを学ぶ

皆さま、暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
今年の夏休みも残すところあとわずか。
心の中で万歳三唱です。
L(@^▽^@)」

それに対して、我が子の日に日に落ち込んでいく姿。
世の中の小学生の子供を持つ家庭では、どこもこの様な光景がみられているのではないでしょうか。

家庭教師の先生がいるおかげで、我が家の子供の夏休みの勉強計画は、ほぼ予定通り進んでいるようです。

家庭教師にお願いする前は、
「どうして宿題やらないの?」
「勉強しないとだめでしょ!」
「もたもたしないで!」

といった言葉を使って叱咤激励していたつもりでしたが、家庭教師の先生は、強い口調で子供に勉強を供用することはありません。

「去年もちゃんと仕上げることが出来たから、今年もできるよ」
「もう少し計画的に進めると、楽に仕上げることが出来るよ」

優しくそういうだけで、子供はやる気を出して勉強しているのです。

否定せず、やる気を出させる。
子育てにも生かしたいことだなと思いました。

子供に勉強させるには、怒っていてはだめなのですね。
逆にやる気をうせさせるだけだと言うことを、いまさらながら気付かされました。

子供は勉強を計画的に、親は心に余裕を持っていないと、親子の間に大きな溝が出てきてしまいそうですね。

大きく、大きく反省している次第です。

受験などといったことではなく、勉強を見てもらうのに、家庭教師が必要なのか?
と疑問を投げかけてきた人もいましたが、子供を大きく傷つけない為にも、私が冷静にいることが出来るためにも、家庭教師は我が家にとってはやはり必要だなって感じる今日この頃です。