受験が終わった後

受験に合格したからといって、安心してはいけません。
受験に合格してからが大切なのです。

特に有名中学や有名学校というのはそれだけ成績の優秀な生徒が集まってくるところです。
受験に合格するというのは、第一の関門ではありますが合格したからといってそれがゴールではありません。
その学校でどう学んでいくかが一番重要なことなのです。
せっかく合格した学校なのだけど、受験からの解放感から勉強をしなくなってしまうという人は多くいます。
その結果せっかく良い学校に入ったのに、授業についていけず落ちこぼれた、学校をやめてしまったなんてことも多く聞きます。

そうしたことにならないように、受験が終わり解放感を得るのはよいですが、また新しい気持ちにりセットし直して勉強に取り組んでいきたいですね。
もし不安があれば家庭教師や塾にかよって、成績を上位に維持するなんてことも狙ってみてはいかがでしょうか。
きっとやりがいもあると思います。
受験が終わったからといって、だらけずにより一層頑張っていきたいものですね。
受験は確かに大きなターニングポイントですが、それはただの通関点であり、長い目でこれからのことを考えていきたいですね。

ある生徒さんが目標としていた学校に合格できなかったのですが、それにめげずに第二志望の学校でもしっかりと日々勉強に励み自分のしたかった仕事に就けることが出来たと語っていました。
確かに目標とする学校に合格することも大切かもしれませんが、どうしてその学校に入りたいかということを忘れてはいけませんよね。目標を達成するための受験であって、学校に入ることが最終目標ではありません。
そのことを忘れないようにしたいですね。