個人の家庭教師のメリットデメリット

家庭教師を探している知り合いがいたのですが、いろいろと家庭教師のサイトや話を聞いているときに個人契約で頼む書いて教師のことを知りました。
個人の家庭教師は家庭教師派遣会社といった中間マージンがないので、とても費用が安く済むため良いなと思ったようです。
中には入会金や管理費といったものがいる所もあるので、そうしたことを考えるとやはり家庭教師の個人契約の魅力はそういった点が大きいと思います。

ただ費用は安く済みますが、個人の家庭教師を探すのは普通に探すより難しく、見つかってももしその先生が合わない場合家庭教師の変更が難しいといったデメリットもあります。また家庭教師の指導方法や経験はその人によって様々で、大手のデータを得ることが出来ない分受験に対しての情報は自分で情報を得る必要が出てきます。
また契約も個人で行わなければならず、もしトラブルが起こった場合当事者同士での話合いが必要となるのです。

ですが、こうしたデメリットばかりでなく家庭教師と直接契約することで都合によって家庭教師をしてもらう日を話合いでずらしてもらったり、振替といった融通を聞いてもらえたりといったメリットもあります。

個人契約で家庭教師を頼む場合、業者に頼むよりは付加価値というものは少なくなってしまいますが、その分余計な費用もかからずそれがよいと思い頼む人も多いようです。
良い点悪い点もありますが、家庭教師を探す場合ひとつの選択として考えてみてはいかがでしょうか。