子どもへのフォロー

勉強しない、勉強が嫌いというのは勉強が楽しいと思えないからです。
逆に勉強が遊びと同じように楽しいと思えたら自ら進んで勉強しようと思うはずです。

だけど勉強というのは地味な作業で一人でも机に向ってモクモク、コツコツしないといけません。
これは大人でも辛抱強く継続していかないといけません。子どもになると余計に仕方ないのではないでしょうか。
だけど仕方ないといって勉強をしていないと、余計にわからなくなって勉強がどんどん嫌いになっていきます。

だけど勉強をしていくうちにテストで良い点が取れるようになった、成績が上がったという経験をしていくと段々と勉強は楽しくなります。もっと知りたいという気持ちも生まれてくるのではないでしょうか。

勉強はひとたび躓いてしまうと、そこからどんどんわからなくなっていきます。
まずはじっくりと理解できるよう初めて行きましょう。
家庭教師ですとわからないところから、その子のペースに合った進め方ができます。
またベテランの家庭教師ですと、その子にはどういった勉強方法をすれば理解する喜びをしり、勉強が楽しくなるのかといったツボも抑えていたりします。

子どもというのは好奇心の塊です。楽しい、気になると思うようになればどんどん自分から勉強していくようになります。努力することで難しい問題も解けるようになると、勉強が楽しくなります。
些細なことが勉強が好きになるきっかけになるかもしれません。まずはわからなくても興味を持たせること、そして根気よく続けることが出来るように支援してあげたいですね。