家庭教師を頼む前の注意点

この前、インターネットで、「家庭教師を頼む前の注意点」というのをみつけました。

まず、家庭教師を頼む前に、本当に必要なのかを再確認すること。
これは、反省です。
この前も考えずに体験授業だけだからといって、授業を受けて、
上手く行きませんでした。
まあ、タダだし、受けるだけ受けてみようと、安易に決めて、
本当に家庭教師必要かどうかを
考えていませんでした。

そして、「とにかく家庭教師つけたら、成績伸びると過信しない!」
これはわかっているつもりです。
ただ、このサイトにかいてあった理由納得です。

①頭のいい先生は「勉強のやり方」をあまり教えず、「答え」だけを教えてしまう傾向があるから。
②自分が今まで苦労してないので、生徒が簡単な問題解けない理由がわからないから。
家庭教師の先生が、生徒がなぜわからないか理解できないと、
説明もきちんとできないし、教えるということも難しいのです。

そのため、学歴ではなく、「勉強に悩む気持ちを理解できる」家庭教師の先生を選ぶ事も重要なのです。

はじめから成績が良かったエリート先生ではなく、努力をしてこつこつとやってきた先生であれば、勉強の分からない子の気持ちを理解してくれるでしょうし、
自分が苦労して解けるようになった方法を教えてくれるでしょう。

また、「家庭教師は、値段だけで、決めてはいけない」
安いから良いとか、高いからでは良いということではないということ、
「親がやらせたいだけで、頼んではいけない」などのことが、
書いてありました。