「中学受験の家庭教師選び」

中学受験のために家庭教師探しをする時には、 利用方法によって、考えなければならない事が色々あります。

我が家の場合、家庭教師をメインに考え、週に2~3回来てもらい、 それ以外の日は、先生に宿題を出してもらって私が宿題を見てやる形にする、 というのが初めに考えた方法でした。

これは、子どもが、幼稚園受験のために幼児教室に行っていた時の方法で、 先生が、宿題を見てやる保護者の指導もしてくれるものです。

ただ、これについては、中学受験をする子どもの家庭教師がそこまでしてくれるかどうかです。

幼児教室の場合、年齢的な問題で、親が関わらないわけには行かなかったので、 そういう指導になったとも言えるからです。

でも、ある程度指導してもらわないと、私も子どもの宿題を見てやる事は不可能でしょうし、 先生が来てくれない日の勉強こそ、どうやったら良いかわからないので、そこを教えてもらえなければ、中学受験の成功はあり得ません。

ただ、こう言った方法を考えて中学受験のための個別指導について探していると、中学受験は専門の進学塾が一番だという意見が多いのです。 家庭教師も中学受験で合格実績を出している進学塾に対応した指導をしているというものが多く、進学塾に通う事は前提の指導をしているところも少なくないのです。

 

では、進学塾に通わせて、プラス家庭教師にするのか、その部分を私がやるのか、 それとも、進学塾プラス家庭教師で、残りの部分を私が教えるという事も考えられるのです。

合格実績を見ると、進学塾ありきなのではありますが・・