「家庭教師はどうしても必要?」

 

先月言っていた短期集中の家庭教師、結局やめてしまいました。

「やめた」と言うより、結局あれこれ考えているうちに、募集時期が終わってしまったのです。 大体子どもがやる気がないので、私もついつい・・・ ママ友からは、「それじゃあ、だめよ!!」と言われるのですが、 どうも教育熱心なママにはなれそうにありません。

もちろん、家庭教師にお願いして子どもの成績が上がれば嬉しいのですが、 なにか良い事があるのでしょうか?

もし中学受験しない場合、小学生の頃から子どもに家庭教師を付けるのは意味のある事なのでしょうか。

反対に中学受験を子どもにさせるなら、家庭教師は「絶対必要?」、 また、絶対必要なら、何年生から家庭教師を付けなくてはならないのでしょうか。

子どもが「どうしても受験したいから、家庭教師をお願いします。」と言ってくれば、 私も悩む必要がないのですけどね。

我が家の子どもは、そんなに成績が悪いわけではありませんし、 勉強も全くしないわけではありません。

ただ、受験のために他の事は全て投げ捨てて・・ と言う事は無理だと思うのです。

そう考えると、最難関校と言われる学校の受験は難しいでしょうから、 中学受験でも最近よく聞く、公立中高一貫校が良いのでしょうか。

とにかく、今のところは将来どうなっても大丈夫のように勉強しておいてほしいのですが、それがどのくらいの勉強の量かと言う事がわからないわけです。 外で遊ぶ事も大切にしたいし、今の学校生活やお友達との関係も壊さず、勉強できる方法を探しているのです。