「家庭教師抜きで親子でチャレンジ!」

5月になりましたね。
今年の連休は飛び石なので、どこかに出かけると言う事でもなく、
じっくり子どもと向かいあいたいと思っています。

家庭教師をお願いするかどうか悩んでいて、
体験キャンペーンを受けようと思っていたのですが、
どうもしっくりこず結局受けなかったと言うお話を前回させて頂いたと思うのですが、
その理由は中学受験のために低学年で何をすべきかと言う事です。

中学受験のために家庭教師を頼むのは早い方が良いのか、
早い方が良いのならその理由は何か、中学受験を考える小学生が低学年のうちにすべき事は何なのか、
それは、家庭教師にお願いしないとできない事なのか・・
と言う事です。

中学受験に向けての進学塾でも低学年のコースが増えてきています。
そこではどんな事をしているのでしょうか。

家庭教師を利用すると、進学塾と同じような事をやってもらえるのでしょうか。

低学年のうちには体験的な五感を使った学習が有効と言われています。

そのため、進学塾でも体験学習や理科の実験教室を多く開講しているのです。
では、家庭において私自身が子どもの中学受験のために何かできる事があるのでしょうか?

もちろん進学塾や家庭教師はなしで考えると言う意味です。

今回の連休は10連休、11連休という長い休みではないので、
計画を立てて子どもと勉強するには良い時間ではないでしょうか。

やりたい事は色々あるのですが、進学塾のホームページ等をチェックして色々と考えたいと思います。
子どもと同じ本を読んで感想を言い合うと言うのも良いかもしれませんね。