「インターネット家庭教師を利用」

 

今回はインターネット家庭教師「たまごチャレンジ」をご紹介します。

ネットの家庭教師は最近色々と増えています。

「たまごチャレンジ」の家庭教師、初めは名前に「チャレンジ」がついているので「ベネッセの関係かな?」と思ったのですが、どうやら違うようです。

「たまご」って言うのもベネッセの「たまごクラブ」「ひよこクラブ」に何だか名前が似てるし・・・

そういえばベネッセの進研ゼミでもインターネットを利用した「リアルタイム家庭教師」というシステムが登場したそうですよ。

 

話が横にそれましたが、ここの家庭教師が気になったのは、
「適勉強方法診断」という物があったからです。

家庭教師を利用したいと言う時は自分にぴったりの学習方法で指導してもらいたいからです。

集団指導ではどうしても自分にぴったりと言うわけには行きません。

でも、せっかく家庭教師と言う個別指導を選びながら、
ぴったりの学習ができないのでは意味がないのです。
さて、「たまごチャレンジ」の診断を見てみると、
まずパーソナリティチェックという物があります。

48の項目を5段階でチェックしていきます。
例えば「読めない漢字があれば自分で辞書を引いてみる」とか「好きな物と嫌いな物がはっきりしている」「工作が好きだ」「跳び箱がとべなければ、とべるようになるまで放課後一人で練習する」等々・・・

診断結果のサンプルがあり、一人で頑張る、わりきり解決、ねばって成功、素直に受け入れ、計画通り進める、目標まっしぐら、きっかけ重視、みんなと頑張る等の点数がついていて、それに対するオススメ勉強法があります。

家庭学習を知るために、家庭教師を利用する事もあるのです。