「家庭教師だけで中学受験」

最近は塾に通いながら家庭教師を利用している人が増えているようですが、
家庭教師だけではダメなのでしょうか。

特に中学受験を考えるなら、進学塾+家庭教師という図式は崩せないのでしょうか。
そこで、今回は家庭教師だけで合格させてくれると言う「一橋セイシン会」の中学受験対策について調べてみる事にしました。

このコースは「受験のスタートが遅かった」「性格的に集団授業に向いていない」「私立小に通っていて塾に通えない」「塾の授業についていけない」「習い事などで忙しい」「塾の志望対策では不安」などの人が利用しているそうで、特に小5や小6になってから塾から切り替える人が多いようです。
特に家庭学習の方法がわからない場合や塾での質問が難しいと言う人は、
進学塾にプラスする事を考え、それでも上手く行かないなら家庭教師に集中的に指導を受けようという事になるのだそうです。
では、マンツーマンでの指導はどういう風に勉強を進めて行くのでしょうか。

「一橋セイシン会」では、塾からの切り替えなら塾のテキストにそのまま進めて行く、あるいは生徒の状況に合わせ、やるべき事をしぼって対策すると言う事が多いそうです。

一橋セイシン会は進学塾のフォローも行っているので、
サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚などのカリキュラムを熟知していて、
これらの大手進学塾出身の講師も多く、合格対策には自信をもっているそうです。

最初から家庭教師の場合はそれらのノウハウをもとに個々に合わせたカリキュラムを作り指導していくそうです。