「家庭教師のみで中学受験」

中学受験の場合、進学塾+家庭教師や個別指導塾という選択をする方が多いのですが、
今回は、家庭教師のみで中学受験するパターンについて考えてみたいと思います。

「中学受験専門家庭教師 一橋セイシン会」は進学塾別対策も行っていますが、
家庭教師一本で中学受験を目指す人の指導も行っています。

どういった生徒に家庭教師が良いのかと言うと、
進学塾のペースについて行けない、家庭学習のやり方がわかっていないと言った場合です。

中学受験での塾のカリキュラムは4年生から始まるところが多いです。
4年生までに入塾するのと、5年生・6年生で入塾するのではどうでしょうか。

進学塾では、さすがに6年生のこの時期からの入塾はないでしょうが、
5年生からなら入塾できるところが多いはずです。

進学塾では途中入塾も大丈夫と言われるとは思いますが、
それまで、カリキュラムなども意識して、自宅で学習している人はともかく、
いきなり5年生や6年生になってから入塾して、授業について行けないと言う人は多いでしょう。

また、進学塾では、クラスアップが重要ですが、
入塾テストで下位クラスになり、それ以来上位クラスに上がれずにいる生徒も多いのです。
進学塾では、上位クラスに上がる事はかなり難しく、そのため入塾時の成績が重要なのです。

そういった人も家庭教師なら1対1で指導を行うので短い期間でも間に合わせる事が可能なのです。

少なくとも集団授業を続けて行くよりも効果的な学習ができるでしょう。

一橋セイシン会では家庭教師の1対1というメリットを生かし、学習内容を絞り込み優先順位を決め対策を行っているそうです。