「家庭教師のガンバ」

今回は「家庭教師のガンバ」をご紹介しましょう。
ガンバは「やり方のわからない子」のための家庭教師と言う事で、
勉強のやり方を教える事に力を入れている家庭教師です。

対象は小学生・中学生・高校生ですが、
小学生には「1日10分勉強法」中学生には「1日15分予習・復習法」等があります。

ガンバ式成績アップ法という物があり、
ピッタリの予習復習法やテスト攻略法、続けかたなど、まず正しい勉強法を指導します。
相性ピッタリの家庭教師を選ぶ事で、わからない事を気軽に質問できる環境を作ります。

そして実際の勉強が成果となって表れる様に、
授業のポイントを5回、効果的なタイミングで繰り返す学習を行うそうです。

① 予習
② 学校の授業
③ 復習
④ 家庭教師の指導
⑤ テスト前の総復習(テスト対策)
と言う方法です。

小学生の勉強法について見てみましょう。
まず、苦手がどんどん大きくなって悪循環している生徒の場合、
ガンバの家庭教師は、苦手の元になっているところではなく「できる」ところまで戻って、
「できる」から始め、「できる」を増やす事によって、
「わかる」様になり、自信を感じる様になるそうです。

また、小学生のうちは長い時間集中できないという場合も多いです。
ガンバでは、まずは1日10分明日の時間割をそろえる時に教科書に目を通すと言った事から始めるよう勧めています。

中学に入ると予習復習は自分でしなければなりません。
その方法も少しずつ覚えて行き、家庭教師の元でまずは1日15分でできる予習・復習のやり方を指導しているそうです。