家庭教師のジャンプ 公立中高一貫校対策コース

最近中学受験のために家庭教師を利用する人が増えています。

特に、公立中高一貫校の適性検査対策のために家庭教師を利用する人が多いそうです。

中学受験と言えば進学塾のイメージですが、
実は公立中高一貫校が増えて来たのはここ最近なので、
進学塾で対応しているところは少ないのです。

もちろん、ほとんどのところは受け入れてくれるわけですが、
臨機応変に対応できるのはやはり家庭教師でしょう。

進学塾でも公立中高一貫校の指導はできるでしょうが、
ある程度の人数が揃わなければクラスを作る事はできません。

公立中高一貫校を希望していても、私立受験のクラスに入って勉強する事になるのです。

さて、そこで今回は中高一貫校対策コースのある「家庭教師のジャンプ」をご紹介します。

ジャンプは小学生コース、中学受験コース、中学生コース、高校生コース、資格支援コースがあり、「公立中高一貫校対策コース」は中学受験コースの中の1つです。

ジャンプでは、公立中高一貫校の適性検査に必要な思考力や記述力を身につけるため、
各学校の独自の出題傾向に合わせたカリキュラムをもとに指導を行っていると言う事です。

家庭教師の指導の中では、図や表、地図などの読み取りの演習、
パズルや条件整理の問題演習の他、算数・理科・社会の基礎力の教科や作文の練習など、
適性検査に必要な総合的な学力を身につけて行くと言う事です。

まずはエデュケーションプランナーによる面談・体験指導を受け、
申し込みと言う事になれば、ジャンプがカリキュラムを作成し教師を選抜します。

選抜された家庭教師には派遣前研修を行い指導開始となるそうです。