家庭教師の利用時期

年度途中から集団塾に入塾するのは難しいですが、家庭教師ならいつから始めても大丈夫です。

良い家庭教師がみつかり次第、お願いすれば良いわけですから・・・

特に夏休みのように長い休みの時に利用するのは良い方法です。

家庭教師を利用する時って、
家庭教師じゃないと間に合わないからではないでしょうか。

学校の勉強について行けない、
中学受験の進学塾にすでに通っているが、進学塾の勉強について行けない、
そう言う事ではないでしょうか。

もちろん、中には今の勉強では物足りないからと言う人もいるでしょうが、
それは一部の人ではないかと思います。

そう考えると、家庭教師にはこれまでわからなかったところの指導をしてもらわなければなりません。

でも、学校や塾の授業は先に進んで行くわけです。

長い夏休みなら、学校は休みですし、塾も夏期講習と言う事で、
どんどん先の単元に進んで行く事はあまりありません。

夏休みにしっかりと苦手対策をしてもらえば、
秋までには遅れを取り戻す事が出来るのではないでしょうか。

そして、遅れを取り戻したあとも不安なら引き続き指導をお願いすれば良いし、あとは自分一人で大丈夫と思うなら、夏休みで終わりにすれば良いのです。

家庭教師というのは、様々な利用法がありますが、
集中治療室のような感じで使う事も可能です。

悪化している悪い部分をまずは治して、
あとは一般病棟へ移る事が可能なのです。

悪化しているのに、ずっと一般病棟では治るものも治らないという事になりかねないのです。