適性検査は模試を受けるのも一苦労!

今回は、中学入試のそっくり模試についてお話ししたいと思います。

家庭教師の先生に教わったのですが、
中学入試のための「そっくり模試」というものがあるそうです。

多くは進学塾が主催しているそうですが、
中学入試本番と同じような問題、形式などで受験できるテストなのです。

ただ、これも私立の入試に対応したものが多く、
うちのように公立の中高一貫校を受検する場合、
該当する模試があまりないのです。

まあ、進学塾でも中高一貫校受検のコースは始まりが遅いから仕方がないですけどね。

うちは家庭教師の先生にお願いしていたから、
中学受験するつもりはなくても、低学年のうちに勉強するという習慣がなんとなくついたけど、家庭教師の先生に来てもらっていなかったら、絶対勉強する習慣なんてついていないと思います。

いくら私立じゃなく、公立中高一貫校だったとしても、
5年生から学習習慣もなく勉強を始めて合格できるはずがないと思います。

しかも適性検査なんて受けた事もない試験の勉強なんて・・・

実は、適性検査の模試も行われてはいるようです。

早稲田進学会や栄光ゼミナールでも実施されているそうです。

ただ、この模試を受ける事ができるのは6年生になってからなので、
今はまだ過去問などをやるくらいしかできません。

以前にもお話ししましたが、家庭教師の先生に過去問対策はやってもらっています。

適性検査って、簡単そうでどう答えて良いか、大人の私でもよくわかりませんが、
とにかく、家庭教師の先生にお任せするだけです。