オンライン家庭教師「ワオティーチャー」

以前、オンライン家庭教師のメリットやデメリットについて書きましたが、
今日はそんなオンライン家庭教師の1つ、ワオティーチャーについて見ていこうと思います。

オンライン型の家庭教師は従来の家庭教師と比較しても、
住んでいる地域にとって講師が限定されるといった心配がありません。

例えば、東大や京大、早稲田などの大学生講師が良いという場合、
地方では教わる機会も少なくなります。

ワオティーチャーであれば、
たとえ地方に住んでいても東大・京大・早稲田・慶大などの既卒生それぞれの目的に合った講師を選択することができます。

また、ワオティーチャーの特徴としては、
デジタルノートやデジタルペンを使用して授業を進めていくということです。

デジタルペンは、書いた内容を保存していつでも見ることができますし、
講師と生徒とでノートを共有することも可能です。

授業の解説・評価が学習の進み具合を把握した上で、
講師が相談に乗ることもできるのです。

教育アドバイザーもおり、保護者や子どもと科目担任の先生を結んでくれる橋渡しもしっかりと行ってくれます。

学習において子どもが目標とすることを踏まえた上でカリキュラムが考えられ、
普段の授業のサポートも充実しているのです。

体験受講も行っているため、地方でトップレベルの講師に教わりたいと考えている家庭では多くの方が選ばれているようです。

ただ、オンライン家庭教師にはメリットもあればデメリットもあります。

それらを踏まえて、子どもにとってどちらが向いているのか一緒に考えることが重要だと言えるでしょう。