勉強しない子どもの指導法

自分自身もそうだったと思いますが、
子どもは安易に「勉強しなさい」と言っても素直に聞くことはあまりありません。

無理やり机に向かわせたところで自発的に勉強しようというやる気が起きなければ、
勉強そのものにストレスを感じてしまいます。

子どもが勉強しないのには、授業についていけない・勉強がわからないなど、
明確な理由があります。

やる気を出せと言われてもそんな苦手意識を持っていれば、
やる気を出すこと自体難しいものです。

家庭教師の指導では、子どもに勉強法を教えて欲しい・苦手意識を克服させてほしいなどといった目的で依頼する家庭も多いです。

家庭教師は、自宅に来てくれて1対1で勉強することができるため、
子どもにとって勉強の負担やストレスを感じさせにくいという特徴があります。

通う必要がなく、周囲を気にせず自分の勉強の指導をしてもらえると感じることができれば、
心身ともにストレスが少なくなるのです。

ただ、家庭教師を依頼しても、自分で勉強する行為はなかなか難しいことであり、
集中力が続かない子や、じっと座っていられない子もたくさんいます。

家庭教師は、具体的な勉強への取り組み方や、
その子に合った勉強法を見つけるためのサポートもしてくれます。

予習・復習・宿題・テストを繰り返していくうちに、
その子なりの勉強法を見つけることができる子もいますが、
勉強のやり方につまずいてしまう子は予習・復習にもついていけず、
ますます授業にもついていけない悪循環に陥っていまうのです。

勉強に対する子どものストレスを軽減させるためには、
家庭教師はベストな選択なのかもしれません。