家庭教師が必要になるきっかけ

親が家庭教師を求める時は、子供はどうなっている状態なのでしょうか?

多くは子供の学習に関して親だけでは対処できなくなった時だと思います。

例えば学校の授業が分からない、宿題を教えてあげられない、
といったところではないでしょうか。

これは子供が通っている学校の先生に頼っても良いのですが、
果たして宿題を一から教えてくれる先生はどのくらいいるでしょう?

基本的に宿題は今日行った授業の復習をすることが多く、
授業を理解している子供であれば問題なく解けるようになっています。

しかし、学校の先生は何十人といるクラスの生徒に対して、
全員が100%理解し授業を完結させている先生はほとんどいません。

分からなかったら個別に先生のところまで聞きに行くという流れがほとんどでしょう。

中には学校の先生の方から「塾で教えてもらっているでしょ」と、
塾や家庭教師を習っている前提で話をする先生もいます。

これには「学校の授業だけではレベルの高い学校に行くことはできない」という意味が含まれているのです。

中学受験では小学校の授業ではやらないような問題が多く出題されるので、
対応策として塾や家庭教師を選定する人がほとんどでしょう。

高校受験になればなおさら志望校によってレベルの高さや質が違ってくるので、
塾または家庭教師を依頼した方が良いという流れになります。

従って、親が家庭教師を求める時は子供が目指す学校に対応できるかという要素がポイントになってきます。