家庭教師の体調

最近家庭教師の先生の顔色がさえないなと思っていたら、どうやらご懐妊のようです。
おめでたいL(@^▽^@)」

それなのに、無理して子供の家庭教師をしてくれていただなんて・・・・。
申し訳ないし、同じ女として気付かなかった私が恥ずかしい・・・。

ということで、家庭教師の先生の体調を見ながらとなりそうです。
体調が悪ければ、お休みと言う形で。

その代り、息子には先生がお休みの日でも、いつもどおり勉強するようにと言ってあります。
少々理不尽な顔をしていますが、子供を妊娠するということは、どれだけ大変かと言うことをマじかに見ることが出来て良かったんじゃないかな。
命についての勉強になっていると思います。

我が家に家族がもう一人増える可能性は極めて低いので、私に代わって、麗子先生からそういったことを学んでいってほしいな。
つわりは人それぞれ。
私なんかはかなり軽い方で、妊娠期間中逆らうことができない異常な眠気と常に何か食べていないと気持ち悪くなるといういわゆる食べ悪阻くらいだったでしょうか。

おかげで体重制限かかったくらい。
それに対し友人は、妊娠初期で6キロ体重落としていたっけ。

人それぞれですね。
それは子供の勉強能力も同じこと。
簡単な説明ですぐに飲み込んでしまう子、うちの子供のように、親切丁寧に解説してあげないと理解できない子、イロイロです。
その千差万別の子供たちの能力にあった学習指導が行えるのが家庭教師ですよね。

体調が早く安定するといいな。

家庭教師、いつまでしてもらえるかな

家庭教師の先生をお願いするようになってから、どのくらいの月日が経過したでしょうか。
子供はすっかり家庭教師の日を高齢のにのようにとらえるようになり、また学校での授業態度も以前比べると別人のように落ち着いていること。

ああ、麗子先生に家庭教師をお願いして本当によかったとつくづく思っちゃいますね。

ただ、それももうすぐまた難題が降りかかってくる可能性があります。
最近子供が異性と言うものを気にするようになって(と言うよりも、おそらくは友達からからかわれているのでしょう)家庭教師の先生に勉強を教わっていることをあまり口外しないでほしいと言うようになったのです。
まあ、確かに私も「うちの子、麗子先生が初恋かもね♪」近所のママ友とかに話していたかもしれない。
それが子供の友人の耳にんは言ったのかもしれない。
またまた、子供自身が意識しすぎてきているのかもしれない。

いづれにせよ、中学受験を迎える小学6年生は男子でも早い子は思春期に入ってきているでしょう。
そうなってきた時、どうしたらいいものかと考えるようになってきました。
また、このことを麗子先生に言うべきかどうかも・・・・・。
でも、家庭教師の先生も、今はご主人が転勤するまでという約束だし、万が一妊娠したら、体調のことなどから考えても、今までのようにはいかないでしょうね。

考えれば考えるほど、将来麗子先生がいなくなったらどうしようと言う心配ばかりが付きまとうようになってきています。

家庭教師さままさまです

サンタさんマジックが使えるのも24日まで、ちょうどイブが家庭教師の日なので、ギリギリまで使えるところが今年の嬉しいことでしょうか。

月曜日は恐怖の通知表を頂ける日だったのですが、私の地区は保護者面談があります。
なんだか、自分が子供のころよりも通知表もらうのが怖いです。
。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。 今回は何を言われるのだろうってヒヤヒヤもの。 でも、今回は家庭教師をお願いして、子供も随分と集中力がついてきているし、前回よりは随分と気が楽です。 なんたって、毎回胃薬飲んで面談に挑んでいたのですから。 今回の面談は予想通りとまではいきませんが、勉強も真面目に取り組めるようになってきているし、おほめの言葉を担任の先生から頂けましたよ。 L(@^▽^@)」 ブラボー!家庭教師の先生さまさまです。 っていうか、今までが面談延長時間までお願いしての問題児!?でしたから、それが普通児になってきているだけなんですけれど、それでも私にしてはうれしい限りです。 それも面談時間内で終了しているのですよ♪ 先生も、「驚くほど落ち着きが出てきていますね」って言ってくれました。 やっぱり麗子さんにお願いして間違いなしですね! 大切なのは、集中力をつけさせることと、授業が面白く聞けるように、習ったことで分からないことは解決しておくことなんだって。 私にできれば苦労しないんだけど、麗子さんと子供の間に信頼関係が気付かれているからこそなし得ていることなのだなってつくづく感じました。