子どもの成長

4月になりましたね。

本格的に中学受験の勉強が始まります。

以前にもお話ししましたが、うちの子の場合中学受験といっても公立中高一貫校です。

そのため、いわゆる私立の難関校を受験する子たちのような勉強をするわけではありません。

家庭教師センターの公立中高一貫校コースも5年生からとなっていて、
6年生からのコース変更も可能です。

同じ家庭教師の先生に指導を受けていてもコースが変われば月謝も変わります。

うちの子も、受験を考えていなかった時と、
公立中高一貫校を受験すると決めてからは月謝が変わりましたよ。

考えてみれば、それまでも受験できるような態勢を考えながら指導して下さっていたのですけどね。

思えば、家庭教師の先生が初めてうちに来て下さった頃は、
先生がいらっしゃった時しか勉強しない子どもでした。

先生の事が大好きなので、先生と勉強するのは楽しいのですが、
勉強自体が好きになったわけではありませんから・・

それでも、家庭教師の先生は子どもの興味に寄り添って、
子どもが興味ある事から学びを広げていって下さいました。

家庭教師の先生のおかげで、今では勉強が嫌いではなくなっています。

成績がものすごく上がったというわけではありませんが、
これから自分の興味あるものをみつけたら変わって来るのではないかと思います。

家庭教師の先生に勉強は楽しいという事、
そして自分でどうやって勉強をすれば良いかという勉強の方法を教えてもらった事で、
少しずつ成長しているのです。

親の受験?

さて、ようやく春になりましたね。

うちの子もいよいよ6年生になります。

中学受験の進学塾は2月から始まるところが多いですね。
その中でも公立中高一貫校は新5年生(4年生)の2月から2か月間受験勉強をするという事が多いようです。

我が家の場合、低学年から家庭教師をお願いしていましたが、
昨年の2月から公立中高一貫校の試験のための勉強を始めています。

家庭教師の先生の勧めもあり、中学受験する事にしたのですが、
子供に中学受験する場合、いくら家庭教師をお願いしていても、
親が頑張らなければなりません。

家庭教師の先生は、私に問題集を解けとはおっしゃいませんが、
子供の宿題のサポートはしなければなりません。

普段の生活の中でも、子供に必要な事を考え、問いかけをしなければならないのです。

先月、家庭教師の先生から、宿題を出されたという話をしましたが、

先生が今何を指導しているという事を親である私がしっかりと把握していて、
それによって、家庭学習のサポートをして行かなければならないのです。

先生が示す方向を考えて、子供をサポートする必要があるのです。

子供が勉強していて、違う方向に行きそうになったら、
「どうして、そっちに行くの?」と聞いてあげる必要があります。

私も家庭教師の先生に言われて、
何かと子供に質問を投げかける様になりました。

子供が考える様に仕向けるためです。

公立中高一貫校の試験は適性検査だから、
「考えて解決しよう」という気持ちが大切です。

子供の考える力が育つよう、親としての努力が必要なのです。

公立中高一貫校に向く子どもは?

さて、今回は公立中高一貫校の試験についてお話ししたいと思います。

我が家の場合、もともと中学受験のために家庭教師をお願いしたわけではないのですが、
家庭教師の先生に指導してもらううちに、勉強が楽しくなったのか、
公立中高一貫校を受検する事になったのです。

これまでも何回かお話ししましたが、
家庭教師の先生が上手なんですよね。

勉強する事が楽しいと子ども自身が思えるようになった事、
そして、子ども自身も自分に自信が持てるようになった事が大きいのではないでしょうか。

親の私から見ても、落ち着きがなく、集中して勉強するなんて事は全くない子で、
勉強が嫌いというわけではないのですが、勉強の習慣がついていませんでした。

家庭教師の先生はそんな子どもの良いところを色々とみつけてくださいました。

まず、集中できないのは楽しくないからで、子どもの集中力がないからではないとおっしゃってくださった事、確かに子どもはスポーツでは集中力を発揮します。

ブロックなんかも何時間でもやっているわけです。

私は、「遊びだから」と考えていましたが、
子どもにとっては、勉強も遊びと同じように興味の持てるものでないといけないと家庭教師の先生はおっしゃって、
子どもが興味を持てるような勉強を続けてくださったのだと思います。

公立中高一貫校の考査は、教科横断的で考える力が必要なもので、
子どもの良いところが活かせる試験だと先生はおっしゃいます。

今は、作文の試験のために少しずつ文章を書く事を練習しているようです。

精神年齢が心配?!

11月ですね。

中学受験と言ってもうちの子は公立中高一貫校なので、
他の人より試験の日が少し早いです。

家庭教師の先生がおっしゃるには今の成績なら合格できるという事なのですが、
まだまだ心配です。

公立中高一貫校って、本当によくわかりませんよね。

小学校の成績自体、よくわからないのですから、それが内申となるわけですから・・・

家庭教師の先生が「大丈夫!」って言ってくださるのも、
今までの経験から、この成績なら・・って事なのですが、
前に、知り合いで不合格になった人、結構優秀だったのです。

頭も良いし、もちろん成績も良いのです。
しっかりしているから面接も大丈夫だろうし、
しいて言えば、作文が書けたのかどうかは確かめる事ができていませんが・・

まさか不合格になるなんて思っていませんでした。

その子は、今中学3年ですが、公立の中学校で生徒会長です。

多分、高校はトップレベルのところに行くと思うのです。

その事を家庭教師の先生にも話したら、
「ちょっと、精神年齢が低かったのかもしれませんね。」とおっしゃっていました。

確かにその子が小学6年生の頃はやんちゃで、
できは良いけど、中高一貫校に行きそうなタイプではなかったのです。

今では考えられないのですけどね。

それを考えるとその子はずいぶん大人になりました。

家庭教師の先生は、「その子は公立中学が向いていたのでは?」ともおっしゃっていました。

確かにそれはあるかもしれません。

でも、それを言えばうちの子も同じです。

先生!大丈夫でしょうか?

家庭教師の指導法は何が正しいの?

前回マンツーマンのデメリットについてお話ししましたが、
家庭教師の先生に頼り切ってしまうからと言って自立できなくなるわけではないそうです。

しっかりと理解できていないのに自立を促すと、かえって本当の自立はできないのです。

これは、私も驚いたのですが、子育てに例えるとわかるような気がします。

乳幼児の頃にしっかり甘えて、母親との関係ができている子どもの方が自立できるのです。
母親に甘えることができず、小さい頃に「自立!自立!」とか、「自分でやりなさい」と言われてばかりの子どもの方がなかなか自立できないのです。

つまり、自分でできないうちに自立させるのは良くないわけです。

これは家庭教師の先生からの受け売りですが、
まずは、わかるまで、自分でできるようになるまではしっかり家庭教師の先生に頼るということが重要で、家庭教師の先生によれば、「わかるまで」ということが重要だということです。

子育てでも、子どもの方が「自分で!」と言い出すはずです。

「自分で」と言えるには自信も必要です。

自信が生まれ自分でやってみたいと思うまで待つのです。

例えば、家庭教師の先生が子どもに算数の問題を解かせる場合、
子どもがわかっていない時は、先生が隣で問題を解いて見せるそうです。

それを見ていて子どもが「あ!!」と気づき、つづきは自分で解けるとなった時、
子ども自身に問題を解かせるのです。
わからないまま、あるいは間違ったまま問題を解いても、意味がないからです。

時には子どもが「あ!!」と気づくことがなく、最後まで先生が解いてしまうこともあるそうですが、この方法で、子どもは自分でも自信を持って解くことができるようになって行くのです。

「中学受験の家庭教師は?」

家庭教師のプロを頼まなくても、 ママ先生でも、良いのではと思っていますが、 今の所は・・・ という事ではあります。

それは、私が勉強するのが大変だからとか、家庭教師は月謝が高いからという理由ではなく、ママ家庭教師では、追いつかない事があるからです。

一番は、中学受験です。 中学受験という事になれば、ママどころか、 プロの家庭教師でも、指導は難しいようです。

中学受験専門の家庭教師をつける、 進学塾に通わせるというのが、一般的です。

なぜ、ママ家庭教師ではダメなのでしょうか。

私も色々考えたのですが、 勉強は教えられても、それで合格できるようにはならないのです。

例えば、私が中学受験の問題を軽々解ける実力を持っているとしましょう。

それでも、子どもの指導はできないのです。 まず、入試には制限時間というものがあります。

問題をみて、瞬時に解き方を考える発想力が必要です。

また、全体の時間の配分も 瞬時に考えなければならないのです。

そして、もちろん知識も身につけながら、 そういった考える力、思考力というものを身につけて行かなければならないのです。

中学受験専門の家庭教師や進学塾は、 そういったノウハウを持っているのです。

また、中学校や中学入試の情報も持っていなければなりません。

中学入試は、学校ごとに特色があり、 家庭教師は、それを把握しておく必要があるのです。

そこまでするのは、ママ家庭教師には、ちょっと難しいのではないでしょうか。

 

家庭教師が必要な時

自分で勉強に行き詰まって塾や家庭教師を頼む人もいますが、
効率の良い勉強法を知るために初めから塾や家庭教師に頼むという人がいます。

例えば、小学校に上がったり、中学になったり、
あるいは、ある年齢になったから塾に通い始めるという人は少なくありません。

確かに、家庭教師や塾などプロに頼めば効率の良い勉強法を教えてくれるでしょうが、
本当に効率の良い勉強は重要なのでしょうか。

確かに時間のない時、例えば、クラブ活動や他に習い事をやっていて、
大切なのは勉強ではなく、そっちの方なので、できるだけ短時間で勉強はすませたい。
そのために効率の良い勉強法を身につけて、
できるだけ、多くの時間をクラブ活動や習い事の練習に使いたいと思うのは当然です。

ただ、勉強の好きな人もいるでしょう。
この前テレビで東大の理系の大学生に恋人がいるかとか、
合コンに行ったことがあるかなどのアンケートをとったものがでていました。

その中で、合コンに行くより研究に多くの時間を使いたいという学生の方が圧倒的に多かったのです。

勉強が好きなのです。

確かに勉強好きな人にとっても受験の場合、自分の受けたい教授の講義が受けられる、
あるいはやりたい研究ができるなどのために、どうしても行きたい大学がある場合、
短時間というより、ライバルと同じ時間でもより点数のとれる勉強も必要になってはきます。

実際に進学塾や家庭教師も効率の高さについてのメリットを特徴としてあげているところは多いのです。

ただ、必要ない場合もあるはずなのです。
家庭教師を頼むのも、必要に応じて・・・ということでしょう。

勉強に向いている時間とは?

勉強をするとき勉強する時間というのがあると思います。
その中でも頭が最も働く時間があるのを知っていますか。
人は午前中が一番頭が働くというのです。

もっと細かくいうと午前中は起きたばかりで頭が非常にリフレッシュされた状態になています。
そのためインスピレーションが良く働き、勉強していても色々な気づきがある時間となっているのです。

午後になると少し脳に疲労がたまっていき、発想力というのは少し落ちていきますが、その変わりに論理的に考える力が働くようになるそうです。

こうしたことから一日勉強できる時間があるのであれば、午前中は暗記モノを中心に勉強し、午後からはじっくりと考える力の必要な数学などの勉強が向いているかもしれません。

ただこの勉強する時間なのですが、しっかりとした睡眠がとれていないといみがありません。
人は寝てるときに頭の中を整理するようになっていますので、一夜漬けのような勉強をしても次の日まで覚えていることはできるでしょうけれど、その後というのは一気に忘れてしまう経験はないでしょうか。
これはしっかりと睡眠を取っていないため、一時的には覚えていても、記憶には残らないというためです。

特に受験勉強では当日の試験までに勉強したことが頭にはいっていないといけないので、勉強したことを頭の中で整理することがとても重要なのです。
勉強をがんばらなきゃといって睡眠時間を削ってまで勉強するのは受験勉強といった勉強には向いていないので、しっかりと睡眠をとり頭をスッキリとさせて勉強するようにしましょう。

勉強がうまくいかないとき

勉強をしていてどうしてもうまくいかないときというのはあると思います。
うまくいかないとイライラしてしまい、ネガティブな感情が生まれやすく勉強にも力が入らなくなってしまいます。

ストレスを感じた状態では脳が記憶しにくくなるという実験もあるくらいなので、ストレスなく勉強したいものですが中々そう良い状態が続けることは難しいと思います。

ではどうしたら良い状態にもっていけるのでしょうか?

まずそうしたネガティブな感情をはきだすことが大切です。
そうした話を聞いてくれる人に話してみたり、話すことが出来ない内容であれば紙に書き出すのでもよいのです。
そしてその内容を自分で認めることが大事なことです。
今上手くいってないということを自分で素直に思うことが出来るようになると、自然に前向きな状態に戻ります。

誰しも上手くいくときばかりではありません。
どうしてもうまくいかない時だってあります。
大事なことはそうしたときに、めげずに続けられるかです。
あせって空回りしてしまうこともあると思います。
いつもと違うことをしてみてストレス発散してみたりしてはどうでしょうか。

もう十分だと思っていた今までやってきたことの復習に力を入れてみたりというのも効果的だと思います。
もしかしたらわかっていないところがあって、そこが原因で勉強がうまくすすまないなんてこともあるかもしれませんからね。

家庭教師から子育てを学ぶ

皆さま、暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
今年の夏休みも残すところあとわずか。
心の中で万歳三唱です。
L(@^▽^@)」

それに対して、我が子の日に日に落ち込んでいく姿。
世の中の小学生の子供を持つ家庭では、どこもこの様な光景がみられているのではないでしょうか。

家庭教師の先生がいるおかげで、我が家の子供の夏休みの勉強計画は、ほぼ予定通り進んでいるようです。

家庭教師にお願いする前は、
「どうして宿題やらないの?」
「勉強しないとだめでしょ!」
「もたもたしないで!」

といった言葉を使って叱咤激励していたつもりでしたが、家庭教師の先生は、強い口調で子供に勉強を供用することはありません。

「去年もちゃんと仕上げることが出来たから、今年もできるよ」
「もう少し計画的に進めると、楽に仕上げることが出来るよ」

優しくそういうだけで、子供はやる気を出して勉強しているのです。

否定せず、やる気を出させる。
子育てにも生かしたいことだなと思いました。

子供に勉強させるには、怒っていてはだめなのですね。
逆にやる気をうせさせるだけだと言うことを、いまさらながら気付かされました。

子供は勉強を計画的に、親は心に余裕を持っていないと、親子の間に大きな溝が出てきてしまいそうですね。

大きく、大きく反省している次第です。

受験などといったことではなく、勉強を見てもらうのに、家庭教師が必要なのか?
と疑問を投げかけてきた人もいましたが、子供を大きく傷つけない為にも、私が冷静にいることが出来るためにも、家庭教師は我が家にとってはやはり必要だなって感じる今日この頃です。