家庭教師NSG PLATS

今回は、「家庭教師NSG PLATS」についてお話しします。

「NSG PLATS」の家庭教師は生徒が希望する指導内容に合わせて、
専用プリントや学校の教材で指導を行っているそうです。

家庭教師の指導の場合、どんな教材を使うのかという事が問題になります。

家庭教師はマンツーマンの個別指導ですから、
一人ひとりに合った教材で指導すれば良いのですが、
だからといって、高額な教材を購入しなければならないような事になると困りますよね。

ただ、「学校の教科書でうまく指導ができるのか?」という問題もあります。

「NSG PLATS」の家庭教師は、どんな教材でも生徒に合わせた指導が可能だという事です。

普段の指導では学校の教科書などを使いますが、
定期テスト前は「対策プリント」等で対策を行っているそうです。

また、指導に関しては、通常授業だけではなく、テスト対策・入試直前対策として、「追加授業」が受講でき、春・夏・冬の長期休暇を利用した3回または4回コースの「講習」も受講可能という事です。

さて、「NSG PLATS」では、派遣センターのサポートも充実しています。
無料の振替授業や特別追加授業なども実施している他、
「入塾コーチング」も実施しています。

入塾コーチングというのは、入塾間もない約1ヶ月を集中コーチング期間とし、
講師との相性や学習理解の度合い、宿題の量はちょうど良いかなど、
学習面、精神面、生活習慣も踏まえたアドバイスを行うという事です。

家庭教師だけではなかなか難しいサポートも、
教室がある事で可能になっているのです。

学参の夏期集中講座

どうせ頼むのならプロにと考えます。

塾か家庭教師か悩む場合、値段のこともありますが、
やはり中身が気になるわけです。

家庭教師は「安かろう 悪かろう」も多いということで、
プロの家庭教師はどこが良いのか調べてみたいと思います。

前回は、プロステージについてご紹介しましたが、
実は同じプロと呼ばれる家庭教師も一様ではないそうです。

そこで、今回は「家庭教師の学参」についてお話しします。

学参では、この夏、プロの家庭教師による夏期集中講義が実施されるそうです。

家庭教師、特にプロ家庭教師は「ICU」のように一時期のみ利用すると、
利用価値が高いと考えています。

高額ではありますが、集中的に指導を受けることで、
家庭教師から離れてもその後の学習が上手くいくのです。

夏休みに苦手単元を克服したいという人や、
志望校対策を行いたいと、はっきりした目的がある人は特に良いですね。

6時間で1つの単元を集中的に勉強する「6時間コース」を見てみましょう。

1回90分×4回、あるいは1回120分×3回から選べ、料金は39000円です。

指導内容は自由に決められますが、
小学生の場合だと、算数の「速さ」「割合」「図形」、理科の「物理」「化学」「生物単元」「地学」、国語では「読解力」「問題を解くための解法や知識のパターンの理解」などがあげられています。

医学部受験、難関大学受験対象の8時間コース(68000円)もあり、
この夏に苦手対策を集中的に対策し、9月からライバルを1歩リードしようというコースです。

家庭教師の利用時期

年度途中から集団塾に入塾するのは難しいですが、家庭教師ならいつから始めても大丈夫です。

良い家庭教師がみつかり次第、お願いすれば良いわけですから・・・

特に夏休みのように長い休みの時に利用するのは良い方法です。

家庭教師を利用する時って、
家庭教師じゃないと間に合わないからではないでしょうか。

学校の勉強について行けない、
中学受験の進学塾にすでに通っているが、進学塾の勉強について行けない、
そう言う事ではないでしょうか。

もちろん、中には今の勉強では物足りないからと言う人もいるでしょうが、
それは一部の人ではないかと思います。

そう考えると、家庭教師にはこれまでわからなかったところの指導をしてもらわなければなりません。

でも、学校や塾の授業は先に進んで行くわけです。

長い夏休みなら、学校は休みですし、塾も夏期講習と言う事で、
どんどん先の単元に進んで行く事はあまりありません。

夏休みにしっかりと苦手対策をしてもらえば、
秋までには遅れを取り戻す事が出来るのではないでしょうか。

そして、遅れを取り戻したあとも不安なら引き続き指導をお願いすれば良いし、あとは自分一人で大丈夫と思うなら、夏休みで終わりにすれば良いのです。

家庭教師というのは、様々な利用法がありますが、
集中治療室のような感じで使う事も可能です。

悪化している悪い部分をまずは治して、
あとは一般病棟へ移る事が可能なのです。

悪化しているのに、ずっと一般病棟では治るものも治らないという事になりかねないのです。

ノーバスの春期講習

GWですね!!さて今回は「家庭教師のノーバス」について調べてみました。
ノーバスは、今月初めまで春期講習を実施していました。

ノーバスの春期講習は短期で家庭教師を利用できると言うイベントで、
春期講習なのに家庭教師のオーダーメイド授業が受講できるのですね。
この春期講習は、時間や回数は自由、科目や教材も自由な家庭教師ならではの講習で、
塾の春期講習の代わりに利用できるものです。
新学年に当たり、3学期の遅れを取り戻したい、
勉強のやり方がわからない、どこから手をつけて良いかわからないなど、
それぞれの悩みに応えるものです。
コースも授業フォローコースだけでなく、中学受験コース・高校受験コース・大学受験コースの他、苦手科目克服コース、検定試験対策コース等様々なコースが用意されていました。
ノーバスの特徴はその指導実績と、登録講師の数の多さで、
それゆえに様々なコースが実施でき、多くの学年に対応できるのです。
もちろん、春期講習だけでなく、普段も多くのコースがあります。

小学生コースでは、苦手克服、基礎固め、勉強のやり方・習慣づけ、中学入学準備、ジュニア英語、検定試験対策の他、中学受験コースとして、進学塾のサポートや、オリジナルコース、進学塾入塾テスト対策、志望校対策・過去問対策、面接対策、公立中高一貫校受験対策などです。
中学入学準備コースでは、中学までにこれだけは身につけたいと言う内容を家庭教師が指導していると言う事です。

基礎的な勉強法が分かっていれば応用問題が出たときも対応することができます。
おすすめサイト:中学受験の勉強法がわかる情報サイト(http://www.e-juken.jp/)
こちらのサイトに掲載されている塾では科目ごとの対策をしっかりと行ってくれています。

料金は家庭教師の指導料+センター登録料+学習サポート費+講師交通費です。

センター登録料は入会金の事で、学習サポート費はカリキュラム管理やファックスなどでの質問受け等の費用で月々3000円となっています。

「家庭教師 プラスαのサービス」

家庭教師と言えば、生徒の家に行って勉強を教えるというのが基本のスタイルですが、
最近はプラスαのサービスが増えているようです。
コースも多く、差別化されているので、
しっかりと選べば、自分に本当に合った家庭教師を選べる時代なのです。
さて、今回は家庭教師にプラスして多くのサービスを行っている「福岡 家庭教師紹介」をご紹介します。
家庭教師と言えば個別カリキュラムにそった指導はもはや当たり前ですが、
「福岡 家庭教師紹介」では、生徒に合った勉強のやり方、重要ポイントを徹底指導し、
その上で言われた通りの勉強をするのではなく、
自分の勉強法を身につけるよう導いて行くと言う事です。
担当の家庭教師以外に学習や受験に精通した教務スタッフが学習相談を受けるなどのサポートを行い、指導日以外にも週1回のインターネットを使った個別指導が可能で、
中2・中3生は外国人講師によるリスニング対策も行っています。
生の英語に触れる事で聞き取る能力が磨かれ受験対策にもつながるそうです。
また、家庭教師を頼んでいても、先生が来てくれない時の勉強に困っている人は多いですよね。
「福岡 家庭教師紹介」では自宅で勉強していてわからない問題が出てきたらFaxやメールで質問が可能です。
24時間受け付けているので、家庭学習がスムーズに進むそうです。
受験生にとって特に必要な「テスト」も定期的に実施し、反省点や課題をみつけ学習に活かしているそうです。
それ以外に夏期・冬期講習会も実施するなど様々な学習環境を用意しているそうです。

家庭教師の利用法

今回はスタンダード家庭教師サービスについて調べてみました。
スタンダード家庭教師サービスは、月々980円から家庭教師サービスが受けられるというものです。
もちろん普通の家庭教師が月々980円で利用できるわけではありません。
スタンダードにはインターネット家庭教師スタネットのシステムがあり、
月々980円から利用可能なのです。
スタネットは家庭学習の充実を目的に導入されたもので、
わからない問題をスマートフォンや携帯のカメラで撮影して添付したメールを送信して質問でき、解答は動画としてアップされ視聴できるシステムになっています。
一般的な家庭教師は月額4500円からで、
例えば関東で中学3年生が週1(90分)で月4回のコースを利用すると月額16670円となります。
また、大学受験を目指している高校生・浪人生を対象に「SCナビ」というシステムもあります。
SCナビは一人ひとりの志望校に合わせて合格までに必要な実力が効率よく身に付く学習カリキュラムで、学習をサポートするシステムです。
SCナビは7万部ベストセラー「9割受かる勉強法」の著者監修のオーダーメイドカリキュラムで、今の学力で不足している部分をピンポイントに補強し、東大・早慶・医歯薬など難関大学にも対応できるようになっています。
このカリキュラムを家庭教師と併用する事で、より効果的な学習につながるでしょう。
一般的な家庭教師による指導と分析力のあるSCナビの併用、またはわからない事があればすぐに質問できるスタネットとの併用も可能です。

「お得な家庭教師の選び方」

安くて良い家庭教師を探そうと思っていましたが、
やはり相場と比べてあまりに安い家庭教師を選ぶのは危険だと言う事がわかって来ました。

そこで、安い家庭教師ではなく、お得な家庭教師を選ぶと言う考えに変える事にしたわけです。
ではどうすればお得に家庭教師を選ぶ事ができるのでしょうか。

まず、料金全体をしっかりと比べます。

「指導料」が安くても管理費などが高額になれば安いとは言えないでしょう。

入会金は別として、交通費以外に月額にかかる全ての料金を比べる事が重要です。

例えば、週1(1コマ90分)×4回で1ヶ月の指導料が20000円というところと、12000円と言うところがあるとしましょう。

ぱっとみると12000円の方がずいぶんお得のような気がしますが、
20000円の方は月々必要なのはこの授業料だけで、12000円の方は管理サポート費を含むと22000円と前者より高額になってしまう場合もあるのです。

これは実際にホームページ上に載せられている家庭教師センターの例ですが、
比べるならこの20000円と22000円で内容を比較しなければなりません。
つまり前者の方は管理費は必要ない様にみえますが、実際には20000円の中に管理費も含まれているわけです。
後者の方は2000円高額ですが、内容が良い方がお得と考えて良いでしょう。
また、気になる高額教材販売についても調べておく必要があります。

教材は必要な場合もありますが、一括購入でローンを組まなければならないようなところは注意が必要です。
ローンでしばる、退会が難しくなるようなところは注意が必要と言えるでしょう。

「家庭教師のお得な選び方」

家庭教師を頼みたいと思っている方は多いと思いますが、
何せ塾に比べれば高いです。

しかも家庭教師と言うのは先生が自宅にくる事になります。
そして、1対1なので集団塾以上に相性が重要で、ぴったりの先生をみつける事が難しいのです。

ただ、そのデメリットが克服できれば良いわけです。

費用が高いと言う事に関しては、「とにかく安く」と言うわけには行きませんが、
それ以外の問題点についてはどういう風にもできるのです。

相性などは、結局良い先生を選べば良いわけです。

安すぎる家庭教師は問題ですが、払う金額ではなく対効果なのです。
そう考えれば、週2で塾に通っていても成績が上がらなかったのに、週1家庭教師で効果が出るなら、「高い」とは言えないでしょう。

少しでも良い先生を安くと考えれば個人契約と言う事になりますが、
どうやって良い先生を探せば良いのでしょうか。
現在は「インターネット」の時代です。

ホームページやブログを開設している先生の中から家庭教師を探す、
個人契約のサイトでも家庭教師のホームページをリンクさせていると言ったところもあり、
多くの講師の中から合う先生をみつけられるのです。

まずは情報を集める事です。

安くすまそうと思えば、その分自分が動くしかないわけです。
それさえ上手く行けば、家庭教師はわからないとこから、初めからの指導が可能、
自分に合った学習(理解に重点をおく、覚え方・記憶などの学習方法の指導)と言う風に一人ひとりに合った指導が可能なので、効率的な学習ができるのです。

「家庭教師を徹底調査!親以上の家庭教師は?」

夏休みですね。

子どもが家にいると、毎日お昼ご飯をどうしようか悩まなくてはならず、
「給食」のありがたみをつくづく感じます。
さて、子どもの夏休みの宿題を見てあげるというお母さんは多いと思いますが、
学年が上がるとそれも難しく、塾や家庭教師を利用すると言う事になるでしょう。
ただ、単に勉強を教えるだけならば、わざわざ家庭教師を頼まなくてもできるのではないかと思うのです。

宿題の範囲は決まっているわけですし、子どもの教科書などで勉強しておけばなんとかなるものです。

それでも難しいなら参考書買って親が勉強すれば良いわけですからね。

ただ、実際に効率的に勉強を教えると言う事になればプロにはかなわないわけです。
子どもがわからないところを教えるだけの家庭教師なら親でもなんとかなるけれど、
子どもの苦手を把握して、どういった勉強をして行けば良いのかがわかる、
あるいは中学受験するなら志望校の問題分析もでき、子どもの勉強のスケジュールを立てると言った事は、難しいわけです。

そう考えると、家庭教師を頼むのであればそういった事ができる家庭教師を頼まなければ意味がないのです。

「親ができる事に高いお金を払うのか!!」という事になるわけです。

ただ、実際には勉強だけ教えてくれる、
問題集を解いて間違いを直すだけなんて言う家庭教師も少なくないわけです。
指導が上手い先生というのは、授業がわかりやすいだけではないのです。
様々な分析ができるからわかりやすい授業ができる、そんな先生をみつけたいですね。

「正社員家庭教師ディック学園」

今回は「プロ家庭教師のディック学園」をご紹介します。
学生ではなく全員がディック学園正社員のプロ家庭教師と言う「ディック学園」は入会金・年会費一切無料で、教材費も不要、プロの家庭教師ですから医歯薬受験の指導にも力を入れているそうで、九州地区と広島に講師を派遣しています。

家庭教師全員のプロフィールがホームページ上に載せてあり、
指導歴と対応科目、合格実績が書かれています。
現在カリスマ講師となっている人の中でも学生時代から家庭教師をして来たと言う人は少なくありませんので、学生だから指導力がないと言う事はないでしょうが、
指導力の足りない家庭教師である可能性は学生の方が高いのです。
ディック学園では、全員がプロ家庭教師であると共に、その後の講師研修も充実しているようです。
指導力向上のために「チーフチューター制度」を導入し、
各校にチーフチューターをおき、チーフチューター中心にプランナー、事務スタッフと共に毎月会議を行っています。

チーフチューターは毎週の勉強会や研修会の企画運営も行い、
勉強会ではテスト・入試頻出問題の解法を徹底研究し、推薦教材や受験情報、学校情報の共有を行っているそうです。

家庭教師と言う事でカリキュラムは個別なのはもちろんですが、
初回授業の時だけでなく、夏休み前、冬休み前、新年度前にもオーダーメイドカリキュラムを作成しているそうです。
初回授業は無料体験で、気に入ったら契約、
情報共有のために保護者向けの会報誌なども定期的に出されているそうです。