指導力のある家庭教師を選ぶには

子どもの成績アップや受験成功につながる指導を考えると、指導力のある先生に教わるのが効率的です。

では、指導力のある家庭教師は、どのように見極めれば良いのでしょうか?

指導力を基準に家庭教師を選ぶ場合、2つのポイントで見極めると良いでしょう。

・料金が高い

料金は、家庭教師の指導力を見極めるポイントになります。

通常、指導力のある先生は人気もあり単価が高くなる傾向にあります。

家庭教師を雇う際には、料金は家計に影響しますし親としては重視するところかもしれません。

しかし、指導力のある家庭教師はそれを本業として合格実績を残している方も多いです。

・家庭教師の登録数が多いところで選ぶ

家庭教師は、家庭教師センターに登録して指導しています。

そのため、登録数が多ければ多いほど、指導力のある家庭教師を見つけやすいです。

家庭教師センターで子どもに合った家庭教師を選ぶ際には、
ほとんどの親が子どもの性格や学習ペースに合った先生を探すでしょう。

そんな時、登録数そのものが少なければ、条件に合う先生がいない可能性もあります。

規模の大きな家庭教師センターであれば、より子どもに合う先生、
そして指導力のある先生に出会える可能性が上がるのです。

指導力は、実際に子どもが授業を受けてみなければ分からないこともあります。

そんな時は、体験授業を受けて子どもと合うかどうか見極めましょう。

挨拶・言葉遣い・真剣さなど、いくつかのポイントで先生がどのような人物なのかチェックしましょう。

家庭教師をマッチングしてくれるスマートレーダー

家庭教師探しに悩んでいる方は「スマートレーダー」というサービスを使ってみませんか?

これは東京工業大発のベンチャー企業「株式会社prd」が開発した、家庭教師マッチングサービスです。

通常、家庭教師を探す時はネットを活用してどんな講師がいるのかチェックし、
体験入会や講習会などを通じて子どもとの相性を見ていきます。

しかし、十分にチェックしていても勉強法に不満があったり、
なかなか成果が出なかったりするものです。

スマートレーダーの特徴は家庭教師のミスマッチングを防ぐために、
AI技術を活用したサービスとなっています。

独自の査定アルゴリズムで登録されている家庭教師の能力をスコア化し、
さらに経験や成果でタグを付けることで検索性を高めています。

正確な情報が「見える化」されているので、目的や状況に合った家庭教師を見つけられるようになっています。

直接契約となるので授業料は家庭教師によって異なり、
その金額も査定アルゴリズムが過去の模試や本試験の成績を基に適正価格を決めています。

実力に伴った料金が設定されているところも安心して探せるポイントです。

授業のスケジュール調整や決済、授業内容の確認等はオンライン上で完結できるので、
手続きや管理の手間がかかりにくいところも利点です。

スマートレーダーには約500人の家庭教師が登録されていますが、
全て東大、東工第、一橋大の現役学生に限定しています。

超難関校受験の経験で得た課題解決能力と成功体験を通じて、
子どもに寄り添った指導を受けられます。

ハイエンド家庭教師を求めている方にもぴったりなマッチングサービスではないでしょうか?

子どもに合った家庭教師を選ぶには

子どもに合った家庭教師を選ぶ際には、
どのようなポイントをもとに検討しているでしょうか?

家庭教師をお願いしようとする場合、
まずは子どもに合った家庭教師を選びたいと思うのが親心です。

では、子どもに合った家庭教師は具体的にどんな家庭教師を指すのでしょうか?

子どもによっては性別問わず男性の方が緊張せずリラックスできる子がいますし、
女性の先生の方が話しやすいという子もいるでしょう。

男女関係なく接することができない子は、先生の性別の要望を聞いてあげることが大切です。

また、家庭教師は学生かプロかによっても大きく変わってきます。

以前、学生家庭教師とプロの家庭教師について言及しましたが、
それぞれ特徴もメリットも違います。

学生とプロのどちらが合っているかというポイントもしっかりと検討しなければなりません。

次に、子どもの性格と家庭教師の性格を考えましょう。

例えば、子どもが気の弱い性格で怒られるのが苦手な場合、
女性の優しい雰囲気の先生が合っているのではないかと考えることができます。

活発で元気な子の場合、
先生も体育会系のような元気で明るい性格が合っているのではないかと考えることができるでしょう。

家庭教師は、子どもとバッチリ合った先生が来るとは限りません。

しかし、子どもとの相性次第では、
成績アップのスピードも変わってくることがあるのです。

子どもに合った家庭教師選びは、
保護者と子どもが一緒になって考えていく必要があるでしょう。

短期集中で志望校対策!

12月になりましたね。

受験シーズンです。
センター試験も来月に迫り、中学受験も始まります。

受験間近ということで、短期間のみ指導してくれる家庭教師を考えている方もいるのではないでしょうか。

家庭教師は塾よりも高額になります。
ただ、家庭教師は一人ひとりに合った方法で、個別のカリキュラムを用いて指導してくれるので、効率の良い指導ができるのです。

今の時期、じっくり指導を受けていたのでは間に合わないという場合も多いでしょう。

家庭教師なら短期集中も可能なのです。

もちろん、良い講師をみつけることが重要です。

せっかくの指導も、講師の質によって差ができるのです。

さて、今回は、麻布個人指導会の「冬休み・直前志望校対策コース」をご紹介します。

麻布個人指導会は中学受験専門の家庭教師派遣の会社ですが、
受験前のこの時期に、入試に特化した指導を行ってくれるということです。

これからの時期には徹底した志望校対策が必要です。

麻布個人指導会では、中学受験を知り尽くした専門家庭教師が入試当日の点数を合格点まで引き上げる指導を行っているそうです。

中学受験では志望校対策が重要ですが、
志望校対策といっても時期によってももちろん個人によっても異なるのです。

麻布個人指導会は、指導校対策、弱点科目・弱点単元の補強など、受講生一人ひとりの目的に合わせた指導を行っているそうです。

個別指導なので、希望の日時、回数、科目で指導を組むことができ、今の時期は入会金不要となっているそうです。

苦手科目対策こそ家庭教師にお任せ!

今回は、家庭教師派遣を行っている「チューターズ・ユナイテッド」をご紹介します。

短期の家庭教師派遣も可能で、今の時期ならセンター試験の苦手科目対策なども可能です。

センター試験は重要とわかっていても、2次対策に追われて苦手対策ができていないという人は多いのではないでしょうか。

例えば理系の人の場合、センター試験で国語対策や社会の対策ができていないということもあるのではないでしょうか。

家庭教師は塾を利用するより高額になるのは否めません。
そのため、短期で苦手科目対策などに利用するのがおススメです。

国語はセンター試験の中でも対策が難しいと言われていますが、
チューターズ・ユナイテッドの家庭教師は、生徒が手を付けていない割合が高く、一番得点の取りやすい漢文から攻略するそうです。

そして次に点の取りやすい古文、最後に一番点の取りにくい現代文のように攻略していくということです。

とにかく、今からは点数を取ることを第一に考えなければならないのです。

チューターズ・ユナイテッドは、とにかく得点を伸ばすための実践的なアプローチを行うということですが、どれくらい点数を伸ばすことが可能なのでしょうか。

英語(筆記 200点満点)で「3時間授業×10回」の特訓を受けた場合を例に取っての期待値は、
現在の点数が100点未満の場合「+50点以上」、100~120点の場合「+40点以上」、121~150「+30点以上」、151~170「+20点以上」となっています。

全ての科目において、専門の講師に対応してもらえるそうです。

家庭教師NSG PLATS

今回は、「家庭教師NSG PLATS」についてお話しします。

「NSG PLATS」の家庭教師は生徒が希望する指導内容に合わせて、
専用プリントや学校の教材で指導を行っているそうです。

家庭教師の指導の場合、どんな教材を使うのかという事が問題になります。

家庭教師はマンツーマンの個別指導ですから、
一人ひとりに合った教材で指導すれば良いのですが、
だからといって、高額な教材を購入しなければならないような事になると困りますよね。

ただ、「学校の教科書でうまく指導ができるのか?」という問題もあります。

「NSG PLATS」の家庭教師は、どんな教材でも生徒に合わせた指導が可能だという事です。

普段の指導では学校の教科書などを使いますが、
定期テスト前は「対策プリント」等で対策を行っているそうです。

また、指導に関しては、通常授業だけではなく、テスト対策・入試直前対策として、「追加授業」が受講でき、春・夏・冬の長期休暇を利用した3回または4回コースの「講習」も受講可能という事です。

さて、「NSG PLATS」では、派遣センターのサポートも充実しています。
無料の振替授業や特別追加授業なども実施している他、
「入塾コーチング」も実施しています。

入塾コーチングというのは、入塾間もない約1ヶ月を集中コーチング期間とし、
講師との相性や学習理解の度合い、宿題の量はちょうど良いかなど、
学習面、精神面、生活習慣も踏まえたアドバイスを行うという事です。

家庭教師だけではなかなか難しいサポートも、
教室がある事で可能になっているのです。

学参の夏期集中講座

どうせ頼むのならプロにと考えます。

塾か家庭教師か悩む場合、値段のこともありますが、
やはり中身が気になるわけです。

家庭教師は「安かろう 悪かろう」も多いということで、
プロの家庭教師はどこが良いのか調べてみたいと思います。

前回は、プロステージについてご紹介しましたが、
実は同じプロと呼ばれる家庭教師も一様ではないそうです。

そこで、今回は「家庭教師の学参」についてお話しします。

学参では、この夏、プロの家庭教師による夏期集中講義が実施されるそうです。

家庭教師、特にプロ家庭教師は「ICU」のように一時期のみ利用すると、
利用価値が高いと考えています。

高額ではありますが、集中的に指導を受けることで、
家庭教師から離れてもその後の学習が上手くいくのです。

夏休みに苦手単元を克服したいという人や、
志望校対策を行いたいと、はっきりした目的がある人は特に良いですね。

6時間で1つの単元を集中的に勉強する「6時間コース」を見てみましょう。

1回90分×4回、あるいは1回120分×3回から選べ、料金は39000円です。

指導内容は自由に決められますが、
小学生の場合だと、算数の「速さ」「割合」「図形」、理科の「物理」「化学」「生物単元」「地学」、国語では「読解力」「問題を解くための解法や知識のパターンの理解」などがあげられています。

医学部受験、難関大学受験対象の8時間コース(68000円)もあり、
この夏に苦手対策を集中的に対策し、9月からライバルを1歩リードしようというコースです。

家庭教師の利用時期

年度途中から集団塾に入塾するのは難しいですが、家庭教師ならいつから始めても大丈夫です。

良い家庭教師がみつかり次第、お願いすれば良いわけですから・・・

特に夏休みのように長い休みの時に利用するのは良い方法です。

家庭教師を利用する時って、
家庭教師じゃないと間に合わないからではないでしょうか。

学校の勉強について行けない、
中学受験の進学塾にすでに通っているが、進学塾の勉強について行けない、
そう言う事ではないでしょうか。

もちろん、中には今の勉強では物足りないからと言う人もいるでしょうが、
それは一部の人ではないかと思います。

そう考えると、家庭教師にはこれまでわからなかったところの指導をしてもらわなければなりません。

でも、学校や塾の授業は先に進んで行くわけです。

長い夏休みなら、学校は休みですし、塾も夏期講習と言う事で、
どんどん先の単元に進んで行く事はあまりありません。

夏休みにしっかりと苦手対策をしてもらえば、
秋までには遅れを取り戻す事が出来るのではないでしょうか。

そして、遅れを取り戻したあとも不安なら引き続き指導をお願いすれば良いし、あとは自分一人で大丈夫と思うなら、夏休みで終わりにすれば良いのです。

家庭教師というのは、様々な利用法がありますが、
集中治療室のような感じで使う事も可能です。

悪化している悪い部分をまずは治して、
あとは一般病棟へ移る事が可能なのです。

悪化しているのに、ずっと一般病棟では治るものも治らないという事になりかねないのです。

ノーバスの春期講習

GWですね!!さて今回は「家庭教師のノーバス」について調べてみました。
ノーバスは、今月初めまで春期講習を実施していました。

ノーバスの春期講習は短期で家庭教師を利用できると言うイベントで、
春期講習なのに家庭教師のオーダーメイド授業が受講できるのですね。
この春期講習は、時間や回数は自由、科目や教材も自由な家庭教師ならではの講習で、
塾の春期講習の代わりに利用できるものです。
新学年に当たり、3学期の遅れを取り戻したい、
勉強のやり方がわからない、どこから手をつけて良いかわからないなど、
それぞれの悩みに応えるものです。
コースも授業フォローコースだけでなく、中学受験コース・高校受験コース・大学受験コースの他、苦手科目克服コース、検定試験対策コース等様々なコースが用意されていました。
ノーバスの特徴はその指導実績と、登録講師の数の多さで、
それゆえに様々なコースが実施でき、多くの学年に対応できるのです。
もちろん、春期講習だけでなく、普段も多くのコースがあります。

小学生コースでは、苦手克服、基礎固め、勉強のやり方・習慣づけ、中学入学準備、ジュニア英語、検定試験対策の他、中学受験コースとして、進学塾のサポートや、オリジナルコース、進学塾入塾テスト対策、志望校対策・過去問対策、面接対策、公立中高一貫校受験対策などです。
中学入学準備コースでは、中学までにこれだけは身につけたいと言う内容を家庭教師が指導していると言う事です。

料金は家庭教師の指導料+センター登録料+学習サポート費+講師交通費です。

センター登録料は入会金の事で、学習サポート費はカリキュラム管理やファックスなどでの質問受け等の費用で月々3000円となっています。

「家庭教師 プラスαのサービス」

家庭教師と言えば、生徒の家に行って勉強を教えるというのが基本のスタイルですが、
最近はプラスαのサービスが増えているようです。
コースも多く、差別化されているので、
しっかりと選べば、自分に本当に合った家庭教師を選べる時代なのです。
さて、今回は家庭教師にプラスして多くのサービスを行っている「福岡 家庭教師紹介」をご紹介します。
家庭教師と言えば個別カリキュラムにそった指導はもはや当たり前ですが、
「福岡 家庭教師紹介」では、生徒に合った勉強のやり方、重要ポイントを徹底指導し、
その上で言われた通りの勉強をするのではなく、
自分の勉強法を身につけるよう導いて行くと言う事です。
担当の家庭教師以外に学習や受験に精通した教務スタッフが学習相談を受けるなどのサポートを行い、指導日以外にも週1回のインターネットを使った個別指導が可能で、
中2・中3生は外国人講師によるリスニング対策も行っています。
生の英語に触れる事で聞き取る能力が磨かれ受験対策にもつながるそうです。
また、家庭教師を頼んでいても、先生が来てくれない時の勉強に困っている人は多いですよね。
「福岡 家庭教師紹介」では自宅で勉強していてわからない問題が出てきたらFaxやメールで質問が可能です。
24時間受け付けているので、家庭学習がスムーズに進むそうです。
受験生にとって特に必要な「テスト」も定期的に実施し、反省点や課題をみつけ学習に活かしているそうです。
それ以外に夏期・冬期講習会も実施するなど様々な学習環境を用意しているそうです。